logo

2017年 流通総額は1,682億元で過去最高記録を更新! 越境ECの国別流通総額で日本が2連覇を達成!

アリババグループ 2017年11月13日 14時31分
From Digital PR Platform


アリババグループは2017年11月11日、通称「独身の日」に世界最大規模のオンラインショッピングイベント「11.11 Global Shopping Festival 2017」を中国・上海で開催しました。2017年は24時間での流通総額が1,682億元に達しました。また、越境ECにおける国別の流通総額で日本が昨年に続き1位を獲得しました。

11日0時に開始した「11.11 Global Shopping Festival 2017」は、13時9分49秒に昨年の流通総額1,207億元を突破し、24時間で1,682億元の流通総額を生み出しました。総発注オーダー数は8.12億回、アリペイを通じての決済取引数は14.8億回でいずれも過去最高記録となりました。

《オンラインとオフライン、そして中国国内と海外が融合した『新小売』の時代へ》
イベント終了後に登壇したアリババグループCEOのダニエル・チャンは、「11.11 Global Shopping Festival 2017」の総括として、次のように述べました。

「今年の11.11 Global Shopping Festivalのハイライトは何より、この短い24時間で、オンラインとオフラインが融合し、そして中国国内と海外が完全に繋がり、グローバルで「新小売」を実現したことです。今年は、単に“スマホ”の画面上のイベントではなく、小さな町や村の片隅から、大都市の商業圏に至るまで、全てが11.11 Global Shopping Festivalのイベント現場となりました。

11.11 Global Shopping Festivalの期間中、全世界52の主要な商業圏で1億人以上がイベントの様子を目にし、実際に5千万人以上の消費者が店舗やプロモーションイベントに設置されたQRコードやサイネージ等によって、オンラインの11.11 Global Shopping Festivalに参加しています。100万を超えるブランドがオンラインとオフラインの融合に取り組み、10万近くのスマート店舗、60万の小売店舗が、立体的・全方位的に繋がり、新たな消費体験を提供しました。実際に多数のオフライン店舗で行列ができるなど、中国の小売構造に変化が起こり、新たな黄金時代に突入しています。」

本年の「11.11 Global Shopping Festival 2017」は過去最大規模での実施となり、参加ブランド数は昨年の約10万ブランドに対し、今年は14万以上のブランドが参加しました。その内、国際ブランドは昨年の約6倍となる6万ブランド参加し、スポーツ用品から生鮮食品に至るまで幅広い商品を販売しました。

また本年より、中国国内以外の消費者も独身の日のイベントに参加しています。東南アジア6億人の消費者が、東南アジア最大のECプラットフォームLAZADAを通じて、「TAOBAOコレクション」でのショッピングが可能になり、海外の消費者も「11.11 Global Shopping Festival」へ参加しました(※)。

加えてアリババグループは2017年より『新小売』を中核事業の1つとして推進してきました。これはオンラインとオフラインの世界をシームレスに連携することで、消費者に新しい消費体験を提供するものです。

アリババグループの天猫の生鮮食品カテゴリーを育成したサービスである「盒馬鮮生」が新小売を体現した最たる例であり、「盒馬鮮生」は、スーパーから飲食店、EC、物流配送までを融合したビジネスモデルとなっています。

「盒馬鮮生」の店舗で取り扱う生鮮食品は、アリババの天猫をはじめとする様々な調達ルートを通じて、中国だけでなく海外からも取り寄せられており、商品が届いたその当日のみ、店頭で販売するなど、その徹底した品質管理から、中国消費者の支持を得ています。さらに生鮮食品スーパーでありながら、ECを通じて半径3キロ圏内の注文であれば、30分以内に生鮮食品を配送するサービスを確立しました。この他にもマーチャントと共同で、オフラインとオンライン店舗の統一在庫管理や来店顧客数及び消費者の購買傾向も管理可能なシステムを共同開発し、実際に導入に至った「スマート店舗」を展開しています。「スマート店舗」においては、オンラインとオフラインが連動した販促キャンペーンや、ファッションAIミラーやコスメテストミラー等、ユニークなプロモーションが行われました。

《11.11 Global Shopping Festivalのハイライト》
・流通総額:1,682億元
・100億元達成:開始後3分1秒
・1000億元達成:開始後9時間4分
・モバイル経由での流通比率:90%
・参加ブランド数:14万
・参加国際ブランド数:6万
・参加した国と地域の数:225
・越境EC国別ランキングTOP5:1位日本、2位アメリカ、3位オーストラリア、4位ドイツ、5位韓国
・総発注オーダー数:8.12億
・ピーク時の最大オーダー数:32.5万/秒(前年比1.86倍)
・国内ECでオーダーされ商品が到着するまでの最短時間:12分18秒
・越境ECでオーダーされ商品が到着するまでの最短時間:33分15秒
・アリペイの全世界総決済回数:14.8億回(前年比41%増)
・ピーク時の秒間最大決済数:25.6万/秒(前年比2.1倍)
・中国製品輸出エリアランキングTOP5:1位ロシア、2位香港、3位アメリカ、4位台湾、5位オーストラリア
・中国製品輸出カテゴリーランキングTOP5:1位スマートフォン、2位ウールコート、3位ニットセーター、4位ワンピース、5位スウェット

アリババグループおよび「11.11 Global Shopping Festival 2017」に関するその他詳細については、アリババグループのコーポレートニュースサイト『ALIZILA(英語)』または『alibabanews.com(中国語)』をご覧ください。

●ALIZILA:
リンク
●Alibabanews.com:
リンク

※11.11 Global Shopping Festivalの流通総額はアリババが展開する国内及び海外の小売市場でのアリペイによる注文総額を指します。この数値はリアルタイムに基づき、輸送費込み(適用可能な地域)の金額となります。「国際ブランド」は中国大陸地域以外のブランドを指します。

※流通総額1,628億元には、LAZADA経由での流通額は含まれておりません。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。