logo

滋賀県立大学で、11月11日、12日に第23回湖風祭(こふうさい)を開催

滋賀県立大学 2017年11月09日 14時05分
From Digital PR Platform




滋賀県立大学では、「湖風祭」を11月11日(土)・12日(日)に開催する。
湖風祭は今年で23回目を迎え、本年度は地域の方々だけでなく県大の学生と「ともに作り上げること」に重点を置いて開催。特にテーマを設定するのではなく、県大生や学内団体、地域の方々が型に縛られずにそれぞれの力を最大限に発揮し「県大らしい湖風祭」を作り上げることを目指している。




滋賀県立大学では、「湖風祭」を11月11日(土)・12日(日)に開催する。
 湖風祭は今年で23回目を迎え、本年度は地域の方々だけでなく県大の学生と「ともに作り上げること」に重点を置いて開催。特にテーマを設定するのではなく、県大生や学内団体、地域の方々が型に縛られずにそれぞれの力を最大限に発揮し「県大らしい湖風祭」を作り上げることを目指している。
 主な企画として「フリーマーケット」や「ミス&ミスター県大コンテスト」などがあり、他にも湖風祭独自の企画が数多くあり、その中からいくつかを紹介。

1.フリーマーケット
 湖風祭では、フリーマーケットを各日最大250ブース用意。家庭で使わなくなった衣類や雑貨を販売することで、資源を有効活用するリユースの促進を目指している。毎年、県大生や地域のたくさんの方々から応募が来ている人気の企画。この機会に掘り出し物を見つけてみませんか?

2.ミス&ミスター県大コンテスト
 両日ともに16時から、交流センターにてミス&ミスター県大コンテストを開催する。例年のミスコンに、今年度はミスターコンも加わり2日間開催となった。容姿・センス・人間性を評価基準とし、2日目のED(エンディング)にてミス県大、ミスター県大を決定する。

3.環境活動
 Myはしをご持参していただくことで、模擬店で出る割り箸ゴミの削減に取り組んでいる。
 Myはしをご持参いただいた方には、Myはしバッジを配布している。そのバッジを対象の模擬店にお持ちいただくことで様々な特典が受けることができる。また「DRP」という企画を行っている。「DRP」とは「Dish Return Project」の略称。プラスチック製のお皿を模擬店団体さんに使用していただき、それを洗浄・熱消毒した後に再利用し、湖風祭から出る使い捨てトレイなどのゴミを削減する取り組みである。毎年、約1万枚のトレイゴミの削減に貢献している。



▼本件に関する問い合わせ先
滋賀県立大学 湖風祭実行委員会
工学部 市井
住所:滋賀県彦根市八坂町2500
TEL:0749-28-8227(直通2017/11/30まで)
メール:kofoo_mail@yahoo.co.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]