logo

まったく新しい西郷隆盛の誕生!林真理子著『西郷どん!』本日発売。試し読み公開中!

2018年大河ドラマ原作

株式会社KADOKAWAは、2018年大河ドラマ原作、林真理子著『西郷(せご)どん!』を本日、2017年11月1日(水)に発売いたします。
特設サイト(リンク)では、11月2日(木)の鹿児島を皮切りに全国七都市(鹿児島、京都、東京、金沢、福岡、札幌、横浜)で開催するサイン会の情報や試し読み(冒頭より24頁)について、ゆかりの地をめぐる『街歩き 西郷どん!』(林真理子 監修/11月10日発売)をはじめとする関連書籍情報などお届けしております。



■上製版(単行本・全2巻)
[画像1: リンク ]

■並製版(単行本・全3巻)
[画像2: リンク ]

※本作は、お好きな製本でお読みいただけるよう、内容は同一ですが、上製版(前編・後編)と並製版(上・中・下)の二種類製作、同日に発売いたします。電子書籍は上製版(前編・後編)を電子化し、また前編・後編を一冊にまとめた合本版も配信いたします。


[表: リンク ]



【内容】
なんという目をした男だ――
吉之助(きちのすけ)の目を見た者は、誰もがそう呟いた。
下級武士の家に生まれた西郷吉之助(のちの隆盛)は、貧しいながら家族やのちに大久保利通となる正助ら友に恵まれて育つ。島津斉彬の雄姿を間近に見た吉之助は、いつの日かこのお方にお仕えしたいと焦がれるようになる。時は幕末。夢がかない、藩主となった斉彬のお側仕えとなった吉之助は、江戸に京都に飛び回る様になっていた。
敬愛する斉彬の死、度重なる遠島、奄美の島で知った初めての愛。激動の幕末を駆け抜け、新たな時代を作った男の生涯を描く。
※初出:「本の旅人」2016年2月号~2017年9月号
※この作品の本文用紙は、中越パルプ工業株式会社川内工場(鹿児島県薩摩川内市)生産品ソリストSP(N)を使用しています。

【著者紹介】林真理子(はやし まりこ)

[画像3: リンク ]

1954年、山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒。86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』※1で柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞、2013年『アスクレピオスの愛人』で島清恋愛文学賞を受賞。13年刊の新書『野心のすすめ』は独自の人生論が多くの共感を呼びベストセラーに。そのほか 『葡萄が目にしみる』『ミカドの淑女』『聖家族のランチ』『RURIKO』『正妻 慶喜と美賀子』『我らがパラダイス』、人気エッセイ“美女入門”シリーズなど、小説、エッセイ両分野で活躍中。
※1 タイトルの 蓮 は正式には2点しんにょうです。

【書誌情報】
★上製版
「西郷どん! 上製版 前編」240頁
「西郷どん! 上製版 後編」272頁
各巻 定価:1836円(本体1700円+税)
装丁:片岡忠彦/装画:水口理恵子

★並製版
「西郷どん! 並製版 上」160頁
「西郷どん! 並製版 中」176頁
「西郷どん! 並製版 下」176頁
各巻 定価:1000円(本体926円+税)
装丁:片岡忠彦

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]