logo

NEC Express5800サーバ保守 既存ベンダから提案された仮想化による延命案は総額1千万円!第三者によるハードウェア保守サービスで予算を抑えることが可能です

EOSL/EOL保守では、現行サーバを継続使用するため、アプリケーションソフトウェアに関する検証作業や移行作業などが不要となり、移行に伴うリスクも発生しません。

顧客概要:大手商社系化学事業会社
事業規模:年商 200億円以上
対象機:NEC Express5800 x 6台
保守レベル:オンサイト保守 平日9-17時
システム:基幹業務システム

■データライブへ問い合わせを行ったきっかけ
基幹業務システムが稼働しているWindows Server 2003搭載のサーバ機がメーカー保守切れとなるため、ご担当者がシステムの延命策を検討しておられました。

同社グループはM&A(企業の合併や買収)による規模拡大を進めており、グループの基幹業務システムのあり方についても方針を決定して更改するまで時間を要するため、現状ではなかなか積極的にシステム更改を行いにくい、という背景がありました。

■お客様が検討されたポイント
システム延命策として下記の2方向から検討されていらっしゃったそうです。
1)仮想化による延命
2)EOSL保守による延命

■データライブの対応
1)仮想化による延命…既存ベンダから提案された「仮想化による延命」案は、総額1千万円を超える内容であり、予算面で実施困難であったとのこと。

2)EOSL保守による延命…データライブのEOSL/EOLハードウェア保守サービスをご提案させていただきました。EOSL/EOLハードウェア保守サービスでは、メーカー保守切れのサーバをメーカーに替わって第三者であるデータライブが継続保守することにより、安心してサーバを延伸稼動いただくことが可能となります。

また、EOSL/EOL保守では、現行サーバを継続使用するため、アプリケーションソフトウェアに関する検証作業や移行作業などが不要となり、移行に伴うリスクも発生しません。予算面においても、新たな設備投資は必要とされません。内容・価格面を吟味いただいた結果、データライブEOSL/EOLハードウェア保守サービスによる「EOSL保守による延命」に最終決定いただきました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]