logo

フラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を発売

キヤノンのコンパクトカメラで初めてAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラPowerShot Gシリーズの新製品としてフラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を2017年11月下旬より発売します。



[画像: リンク ]

新製品は、「PowerShot G1 X Mark II」(2014年3月発売)の後継機種として、本格的な写真表現を求めるユーザー向けに開発されたレンズ一体型カメラです。APS-CサイズのCMOSセンサー、大口径ズームレンズ、映像エンジンDIGIC 7の連携により、軽量コンパクトボディーながらフラッグシップモデルにふさわしい高画質を実現しています。

■ APS-Cサイズの大型CMOSセンサーと光学3倍ズームレンズによる豊かな表現力
キヤノンのコンパクトカメラ初となるAPS-Cサイズ・有効画素数約2420万画素(※1)のCMOSセンサーの採用に加え、新設計の大口径光学3倍ズームレンズ(24-72mm相当[※2]/F2.8-F5.6)を搭載し、美しいボケ味や豊かな階調を表現した撮影が可能です。また、映像エンジンDIGIC 7搭載により、高感度撮影時のノイズ耐性や高解像度を実現し、静止画撮影時の常用ISO感度25600を達成しています。

■ 軽量コンパクトボディーに充実した撮影機能を搭載
約115.0mm(幅)×77.9mm(高さ)×51.4mm(奥行き)、質量約399g(※3)と、従来機種に比べて質量約27%、体積約16%という軽量・小型化(※4)を実現した軽量コンパクトボディーでありながら、高精度・高画質を実現する「デュアルピクセルCMOS AF」や、防じん・防滴性能(※5)など、充実した撮影機能を備えています。また、ファインダー撮影時には、内蔵する高精細EVFとタッチ操作が可能なバリアングル液晶モニターが連動し、EVFをのぞきながらEVF上に表示されたAF枠を液晶モニターのタッチパネル操作で移動できる「タッチ&ドラッグAF」機能を搭載し、直感的なピント合わせが可能です。


[表: リンク ]



※1 総画素数約2580万画素。
※2 35mmフィルム換算。
※3 質量はバッテリー・カードを含む(CIPAガイドラインに準拠)。
※4 従来機種「PowerShot G1 X Mark II」との比較において。キヤノン調べ。「PowerShot G1 X Mark II」は、約116.3mm(幅)×74.0mm(高さ)×66.2mm(奥行き)、質量約553g。
※5 防じん・防滴性能を発揮させるため、カメラの端子カバー、カード/バッテリー収納部ふたなどの開閉部をしっかり閉じてください。このカメラは、不用意に降りかかる砂じんや水滴などのカメラ内部への侵入を抑えることで、防じん性・防滴性に配慮した製品となっていますが、ゴミやホコリ、水、塩分などのカメラ内部への侵入を、完全に防ぐことはできません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]