logo

朝日新聞アルキキが「ラジオクラウド」へのコンテンツ配信を開始

株式会社朝日新聞社 2017年10月16日 13時00分
From PR TIMES

スマートスピーカーに続いてラジオアプリとも連携



〈報道関係のみなさま〉

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長: 渡辺雅隆)は16日、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:矢嶋弘毅)が提供する音声コンテンツ配信プラットフォーム「ラジオクラウド(※1)」に、朝日新聞アルキキの音声ニュースの配信を開始しました。
アプリ「ラジオクラウド」を通じて、ラジオ番組などと同様に朝日新聞社が提供する音声ニュースを、毎朝無料で聞くことができるようになりました。


[画像1: リンク ]

朝日新聞アルキキは最新の音声合成技術を利用した音声ニュースアプリとして、「忙しい朝でも大事なニュースを短時間で、効率的にチェックしたい」ビジネスパーソンを中心に利用が拡大しています。スマートフォン画面が見られない場面でも自然な聞きやすい声でニュースが聞けることが特徴です。10月6日からはスマートスピーカー「Google Home」にも音声ニュース配信を開始しました。


[画像2: リンク ]

毎朝6時半に朝日新聞アルキキがラジオクラウドに配信する音声ニュースは、朝刊編集長が朝刊からピックアップした「今日の大事なニュース」です。ニュースの要点のみをコンパクトにまとめ、いつでも「たった5分」でチェックできます。

朝日新聞社は、これからも利用者のニーズに合ったサービス開発を進め、利用シーンや端末にとらわれない音声ニュース配信を実現してまいります。


※1 ラジオクラウド
2017年1月よりサービスを開始した音声コンテンツ配信プラットフォーム。当初11ラジオ局でスタートしたが、10月2日のメジャーアップデートでUI変更に加え、ラジオ局以外も含め全64社が音声コンテンツを配信する体制となった。地上民間放送ラジオ局101局のうち約6割が聴取可能。
アプリダウンロード数:約29万(2017年9月末現在)
月間聴取数:約500万回再生
月間利用者数:約17万MAU

【朝日新聞アルキキのアプリ概要】
名称: 朝日新聞アルキキ いつでも簡単音声ニュース
ダウンロード価格: 無料(アプリ内課金あり。通信料は利用者の負担となります)
対応OS: iOS9以降、Android4.4以降
対応端末:スマートフォンのみ(PCでは利用できません)
□App Store: リンク
□Google Play:リンク
□朝日新聞アルキキ公式サイト: リンク

【お問い合わせ】
朝日新聞社総合プロデュース室
arukiki@asahi.com

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]