logo

恋愛マッチングサービス「Omiai」がユーザーを対象に「結婚意向と出会い」を大調査 97%が結婚意向アリ、でも「日常生活で機会がない」から出会えない!?

~冬はいつもより「恋人が欲しくなる」季節かも~

Facebookを活用し男女の出会いをサポートする恋愛マッチングサービス「Omiai」(リンク)は、同サービスユーザーの男女約1,000人を対象に「結婚意向と出会い」に関するアンケート調査を実施いたしました。



[画像1: リンク ]


[表1: リンク ]


・結婚意向を示した人が全体の97%
・しかし半数以上の人が「(恋愛対象となる相手に)なかなか出会えない」と感じている
・その理由圧倒的第一位は男女ともに「日常生活で機会がないから」
・さらに「機会がたくさんあってもなかなか恋人はできないと思う」人は約半数
・マッチングアプリ以外を積極的に使っていない人が約4割
・男女ともに先を見据えた出会いを求めている人は半数以上
・「恋人が欲しいと思うとき」第一位は「心や体が弱っているとき」


[表2: リンク ]


■結婚意向を示した人が全体の97%!でもとにかく「出会いがない」!?

Q.結婚したいと思いますか?
[画像2: リンク ]

 「良い相手がいれば結婚したい」という回答が一番多い結果となりましたが、「すぐにでも結婚したい」「いつかは結婚したい」という意見も含めると、全体の97%もの男女が結婚への意向を持っているという結果となりました。


Q.恋愛対象となる相手に出会うことは簡単だと思いますか?
[画像3: リンク ]

 次に、恋愛対象となる相手との出会いについて尋ねると、半数以上の人が「なかなか出会えない」、35%の人が「努力をすれば出会える」と回答。ほとんどの人が“恋愛対象となる人と出会うこと簡単ではない”と感じていることが読み取れます。


Q.自身の考えに近い方を教えてください。
[画像4: リンク ]

 さらに、「出会いの機会がたくさんあっても、なかなか恋人はできないと思う」と回答した人がほぼ半数の46.5%となっており、「出会いの機会」以外にも恋を始めるためには障害や課題があるようです。


Q.(恋愛対象となる相手に出会うことは簡単だと思いますか?に「努力をすれば出会えると思う」「なかなか出会えないと思う」と回答した人)それはどうしてですか?【複数回答可】
[画像5: リンク ]

 それでは、恋愛に発展する人に出会うことへの課題は何なのでしょうか?「恋愛対象となる相手に出会うことは簡単だと思いますか?」に「努力をすれば出会えると思う」「なかなか出会えないと思う」と回答した人に理由を尋ねると「日常生活で機会がないから」が第一位で圧倒的に多い結果に。ただ無意識に日常を過ごすだけでは、恋愛対象となる人と出会いづらいと感じている人が多いようです。次いで「自分の外見に自信がないから」、「仕事が忙しく、時間がないから」という回答が票を集め恋愛を始める自信や現在の働き方やライフスタイルも影響がありそうです。


[表3: リンク ]


■マッチングアプリ以外には気が進まない人も多数。冬はいつもより「恋人が欲しくなる」季節かも!?

Q.マッチングアプリを使う以外に、恋人をつくるためにどのようなことをしていますか?【複数回答可】
[画像6: リンク ]

 「Omiai」ユーザーを対象とした今回の調査では、4割以上の人がマッチングアプリ以外では積極的に活動をしていないという結果となりました。活動の中で一番多かったのが「友人に紹介してもらう」。年代・性別によって若干の差異はあるものの、一見身近そうな「合コン」はあまり人気がないようです。その他の声として、意外と多かったのが「ナンパ」。日常生活であまり出会いがないからこそ、「ここぞ」のときには積極的に行動する人もいるようです。また、「習い事を始めたり、新しい趣味を持ったりすることで出会いの機会を増やす」(30代女性)という声もありました。


Q.(「マッチングアプリ以外は特に活動していない」と回答した人)それはなぜですか?
[画像7: リンク ]

 マッチングアプリ以外に積極的に活動していない理由としては、「なんとなく気が進まないから」が一番多い結果に。その他の回答では、「同じような仲間が周りにおらず、一人では参加しづらい」(30代男性)という声も聞かれました。


Q.マッチングアプリを使う目的は何ですか?【複数回答可】
[画像8: リンク ]

 「マッチングアプリを使う目的」を尋ねたところ、第一位の「真剣に付き合える恋人を見つけるため」、二位の「結婚相手を見つけるため」がそれぞれ半数を超えており、男女ともに先を見据えた出会いを求めている人が多いことが分かりました。また、「自分の好みのタイプや求める条件の異性と出会うため」という回答も4割近くが選択しており、プロフィール上の項目で検索できるマッチングアプリの特徴をうまく活用している人も多いようです。


Q.恋人が欲しいと思うときはどんなときですか?【複数回答可】
[画像9: リンク ]

 最後に、「恋人が欲しいと思うときはどんなときか」を訪ねたところ、半数以上の人が「心や体が弱っているとき」と回答しました。次いで多かったのが4割以上の人が回答した「カップルを意識するイベントがあるとき」。
 これからますます寒くなり体調を崩しやすくなったり、ふと物寂しくなったりする季節。冬はクリスマスやバレンタインなど、カップルを意識するイベントも控えているため、より「恋人が欲しい!」と感じる季節かもしれません。「日常生活ではなかなか出会いがない」と感じている人こそ、今一度、意識的に恋人を見つけるため生活スタイルを見直したり、自分磨きをするなどのアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。


【調査概要】
・調査対象  :「Omiai」を利用しているユーザー男女
・調査地域  :全国
・有効回答数 :男女1,017人
・調査期間  :2017年9月29日~10月2日

【Omiaiサービス概要】
 「Omiai」は、Facebookを活用した男女の出会いを「安心」かつ「安全」にサポートする恋愛マッチングサービス。男女のどちらかが気になる異性に「いいね!」をクリックし、相手がそれに「ありがとう」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。少子化、晩婚化が社会問題となる中、2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、累計会員数は240万人を突破(2017年9月時点)。2014年からは、政府主催の「婚活・街コン推進サミット」に参画するなど少子化、晩婚化などの社会問題解決への貢献も社会的意義として掲げています。

■株式会社ネットマーケティングとは
[画像10: リンク ]

広告主と消費者をマッチングするアフィリエイトエージェントとして事業を開始。
メディア事業として、2012年より男女にマッチングの場を提供する 「Omiai」を開始。当社は、2017年3月31日に東京証券取引所JASDAQ市場へ上場いたしました。今後も、「The New Value Provider ∞ Internet」の経営ビジョンの基、 新しい事業の創出に注力してまいります。

【会社概要】
会社名 : 株式会社ネットマーケティング(英文表記:Net Marketing Co.Ltd.)
代表者 : 代表取締役社長 宮本 邦久
設 立 : 2004年7月
資本金 : 3億6,634万5,600円(2017年6月30日現在)
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿一丁目20番18号
事 業 : メディア事業、広告事業 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]