logo

SoftBank SELECTIONのiPhone向けケース「INVOL Stand」が「2017年度 グッドデザイン賞」を受賞



ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、今年10周年を迎えるスマートフォンアクセサリーブランド「SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)」のiPhone向けケース「INVOL Stand」が、「2017 年度 グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)」を受賞しましたのでお知らせします。

今回受賞した「INVOL Stand」は、日常を快適にする便利な機能をプラスし、デザイン性と機能性を両立したオリジナルケースブランド「INVOL(インヴォル)」の代表的なアイテムです。ケース背面に斜めに入ったブラックのラインを折り曲げることで、動画視聴やビデオチャットなどに便利なスタンドになる独自の機能により、スリムなデザインと便利な機能性を両立しました。また、ケース側面は手触りがよく、弾力性があり、落下などの衝撃を和らげるTPU素材を採用しました。余計なパーツを省いたスタンド機能が、機能自体をデザインとして昇華することで、無駄のないスマートさを実現した点が高く評価されました。また、幅広いお客さまに使っていただけるよう、毎年カラートレンドを調査し、その年のファッションや流行に調和するファッションアイテムの一つとして、カラーバリエーションを用意しています。詳細は、グッドデザイン賞の受賞ページ(リンク)をご確認ください。

「SoftBank SELECTION」は、「Function=Beauty」をコンセプトに、モバイルと過ごす毎日をより上質なものに変えていく、美しさと機能性を追求したスマートフォンアクセサリーのトータルブランドです。今後も「INVOL Stand」のような、美しさを追求したデザイン性と日常に寄り添う機能性を併せ持つ、確かな品質のアイテムを提供することで、お客さまのモバイルライフをより豊かにするアクセサリーを展開していきます。


[画像1: リンク ]


【受賞製品】
INVOL Stand for iPhone X
リンク
[画像2: リンク ]


INVOL Stand for iPhone 8 / 7
リンク
[画像3: リンク ]


INVOL Stand for iPhone 8 Plus / 7 Plus
リンク
[画像4: リンク ]


【グッドデザイン賞審査委員による評価コメント】
スマートフォンは、その機能や提供されるコンテンツの進化に伴い、日常生活のさまざまなシーンで利用されるようになった。それに伴い、動画の視聴やビデオチャットなど、ハンズフリーでの利用が快適な場面も増えた。このプロダクトは、スマートフォンケースに、すっきりとした形でスタンド機能を持たせることにより、携帯性を損なわずに、快適な利用を可能にした。シンプルさと多機能性を両立させた優れたデザインである。

【グッドデザイン賞について】
グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで60年にわたり、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は4万5,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。詳細はこちら(リンク)をご覧ください。

SoftBank SELECTIONの、これまでのアワード受賞歴はこちら(リンク) をご覧ください。

●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]