logo

ボストン・サイエンティフィック、 「Polaris(TM)」が「2017年度グッドデザイン賞」を受賞

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社 2017年10月04日 13時30分
From PR TIMES

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:内木祐介)の画像診断装置「Polaris(TM)」および軟性尿管腎盂鏡「LithoVue(TM)」(※1)の2製品がこのほど、2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしました。2015年度に続き2年ぶりの受賞となります。



「Polaris(TM)」は、冠動脈や末梢動脈におけるIVUS(血管内超音波診断)とFFR(冠血流予備量比)に対応する画像診断装置iLabに導入されているソフトで、ユーザーインターフェースを工夫し、術中の全ての操作をマウスでできるようにし、使用される医師や技師の方々が直観的に操作できることを可能としたことで、診断時間の短縮を実現しております。「Polaris(TM)」の詳細は以下の通りです。

<Polaris(TM)(ポラリス)>
「Polaris(TM)」は、経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行する際に行われるIVUSおよび、PCIを適用すべきかどうか判断する際に行われるFFRの両方に対応するイメージング装置「iLab(TM)インストールシステム」「i-Lab(TM)カートシステム」に導入されているソフトです。最大の特徴として、以前のマウスパッドやタッチパネル式のキーボードから、術中操作の全てをマウスでできるように操作性を向上しました。心筋梗塞や狭心症の患者を救うためには、短い時間で正確な血管内の病変情報を得ることが必須です。「Polaris(TM)」は「早い」「簡単」「正確」をデザインコンセプトに、ワークフローに沿ってシンプルに操作できるということを最大化し、操作性の向上により、診断時間の短縮や患者さんの診断に要する時間負担などの軽減に貢献しています。また、使用する医療従事者が取扱説明書がなくてもすぐに使い方が分かるようにユーザーインターフェースを工夫しており、取扱説明書も以前の7ページから1ページへと減らすことで、医療従事者の導入の際の負担を軽減しています。

今回の受賞では、専門性の高い操作を、民生用機器レベルに簡便化したインターフェースデザインが、医療時間の短縮や、安全性の向上に繋がると評価されました。

ボストン・サイエンティフィック ジャパン インターベンショナルカーディオロジー事業部長の佐々木 力は「グッドデザイン賞」受賞に際して、次のように述べています。「心筋梗塞や狭心症といった心疾患の治療においては、短時間で正確に病変部を診断する事が極めて重要です。当社の『Polaris(TM)』は直観的かつ迅速に操作可能なインターフェースを採用することで心臓治療に貢献していきます。」

(2017年度グッドデザイン賞審査委員の評価コメント)
血管内を観察しながら画面を切り替えることなく、録画再生を含むあらゆる操作をマウスだけで行える。録画部分の頭だしも容易である。インターフェースも分かりやすく取扱説明書なしで操作できることがうかがえた。専門性の高い操作を、民生用機器レベルに簡便化した当デザインは、医療時間の短縮や、安全性の向上に繋がると評価した。

Polaris(TM)画面
「シンプル」で「直観的」に操作出来るよう工夫されており、操作に必要なクリック数も少なくなるように設計されている。
[画像: リンク ]

販売名:i-Lab カートシステム、認証番号:219ABBZX00238000
販売名:i-Lab インストールシステム、認証番号:219ABBZX00239000

※1:「LithoVue(TM)」(販売名:リソビュー単回使用デジタルフレキブルウレテロレノスコープ、医療機器認証番号:228ABBZX00104000)

<グッドデザイン賞とは>
グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで60年にわたり、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は44,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。  
リンク


<ボストン・サイエンティフィック社>
ボストン・サイエンティフィックは、世界中の患者さんの健康状態を改善するために、革新的な治療法を提供し、患者さんの人生を実り多いものとすることに全力で取り組んでいます。過去30年以上にわたり世界の医療テクノロジーをリードし続けるグローバル企業として、「we’ re advancing science for life」の言葉を胸に、画期的な治療法を通じて様々な疾患に苦しむ患者さんや、医療体制の生産性向上にも貢献しています。詳細はホームページをご覧ください。

<ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社>
ボストン・サイエンティフィック社の日本法人で、1987年の創立以来、低侵襲、革新的で最先端技術を提供し続ける医療機器メーカーです。
今年創立30周年、これからも患者さんの人生を実り多いものにすることに全力で取り組み、日本の医療に意義のあるイノベーションを起こしていきます。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]