logo

ラクスルの『スピードチェック入稿』がさらに使いやすく!AI・JPG・PNG・TIFFの画像ファイル形式も対応可能に

商品選択から注文確定までの所要時間を大幅削減!対応データ形式と対象商品の追加でサービス利用可能対象がラクスルユーザー全体の6割に広がります。

ネット印刷の「ラクスル」が運営する、印刷データのチェック・変換作業を完全に自動化する『スピードチェック入稿』サービスでは、10月5日(木)より、AI(Adobe Illustrator)*・JPG・PNG・TIFFといったファイル形式への対応を新たに開始いたします。



『スピードチェック入稿』とは、WEBブラウザ上でデータの入稿からチェック、変換までをお客様ご自身で行っていただけるサービスです。これまでの実績を元にラクスルユーザーの印刷データで起こりやすい問題を特定し、20以上の項目を高速で自動で検知・修正する機能や、さらに綺麗な仕上がりにするために修正したほうがよいと思われる箇所のレコメンデーション機能が搭載され、“より早く”“より便利”に、お客様のもとに印刷サービスをお届けすることを可能にしています。
[画像: リンク ]


商品選択から注文確定までの所要時間を大幅削減!
従来のデータチェックフローでは、お客様に入稿いただいたデータを1件ずつオペレーターがチェックし印刷用データに変換したものを、再度お客様に確認していただくという二重確認を推奨しておりました。そのためデータチェックの順番を待つ時間だけでなく、印刷用データ確認作業のための時間が余計にかかっていましたが、『スピードチェック入稿』では、入稿から印刷用データの確認までの一連の作業をオンライン上で同時に行えることにより、注文確定までにかかる時間を大幅に削減。利用者からは「原稿チェック待ちがなく時間短縮できた」「メールでのやり取りがなくなり、確実に納期に間に合うので安心」「チェックがその場で完了するので急ぎの印刷も対応できて便利」と、サービス開始1ヶ月を経て早くもたくさんのお喜びの声をいただいております。

ラクスルユーザー全体の6割がご利用可能に
また、これまで『スピードチェック入稿』を利用する場合には、データをPDF形式に変換する必要がありましたが、今後AI(Adobe Illustrator)・JPG・PNG ・TIFFの4形式に対応することにより、上記の形式であればPDFファイルへの変換をせずにサービスが利用できるようになります。現在、ラクスルに入稿されるデータの約25%がAI形式であり、このたびの改善により、さらに多くのお客様にサービスをご利用いただけることが見込まれます。なお、対象商品もサービス開始当初のチラシ・フライヤー、名刺に加え、ポストカード、ポスター、カードがすでに追加され、利用可能対象がラクスルユーザー全体の6割に広がりました。

ラクスルでは「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というビジョンのもと、今後もお客様の声に耳を傾けながらビジネスにより便利にお使いいただけることを目指して、日々サービス改善に努めております。

『スピードチェック』サービスページ:リンク

註*:PDF互換ファイルを含んだAIのみ対応


【ラクスル株式会社とは】
全国の印刷会社をネットワーク化し、各社の非稼働時間を活用することで、小ロットから大ロットまで高品質な印刷物を低価格でお客様に提供する印刷ECサービス「ラクスル」(リンク)を展開しています。また、限られた商圏でチラシを使って集客・販促活動を行っている中小企業や個人商店の「商売をラクにして、商売革命を起こす」という使命を掲げ、誰でも簡単に効果の出るチラシのデザイン、印刷、配布をワンストップで担う集客支援サービスも提供。2015年12月からはパソコンやスマホから「すばやく」「かんたん」に最適なドライバーをマッチングして荷物の配送予約ができるサービス「ハコベル」(リンク)をスタートさせており、印刷業界に限らず物流業界でも「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というビジョンのもとチャレンジを続けています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]