logo

2017年上半期、韓国マーケットに進出した中国ディベロッパー分析レポート

株式会社IGAWorks 2017年09月27日 17時41分
From PR TIMES

- 韓国マーケットに進出した中国アプリゲームの86%は「RPG・戦略やアクションジャンル」

- グーグルプストアのトップセールス20位内に入った中国ゲーム、上半期の売上高が昨年より約15%下落

- 韓国のパブリッシャーとコラボしたゲーム発売が増えた…引き続き増えるとみられる



[画像1: リンク ]


モバイルフルステックアドテク(Full Stack AD Tech)企業、アイジーエイワークス(IGAWorks、代表 Eric Kuk-seong Ma)が'2017年上半期の韓国内での中国アプリゲーム成績報告書を発表しました。 報告書では、今年上半期に韓国、グーグルストアに発売された中国アプリゲーム数が前年同期比約31%増加したと集計されて、韓国マーケットは海外アプリゲームが進出するに値する市場と見做していることを示唆しています。

[画像2: リンク ]


韓国のグーグルストアに発売された全体ゲーム数は、昨年上半期には7千378アプリ、今年上半期7千548アプリで大きな差はありませんでした。その中、中国のゲームだけを分けてみますと、昨年の上半期52アプリから今年の上半期には68アプリで約31%増加、RPG・戦略・アクションジャンルが全体の86%を占有していました。 特に、RPGは昨年より11%増加した63%で最も大きな割合を占めていました。

[画像3: リンク ]


アイジーエイワークスは今年の上半期、韓国マーケットに進出し中国アプリゲームの成績を二つの側面と分析しました。 一つ目はグーグルストアのトップセールスでの露出頻度です。 今年の上半期、グーグルストアのトップセールス20位と10位内に突入した中国のゲームの数は前年同期比より小幅に上昇しました。比べ、トップセールスに中国ゲームが露出された頻度はゲーム別に前年同期比より変わらない数量を見せたので、韓国アプリゲームマーケットでの中国アプリゲームのの競争力は昨年と大きく変わらないと解釈されます。

[画像4: リンク ]


二つ目は売上による分析で、アイジーエイワークスでは自社のアプリゲーム・インテリジェンス・プラットフォームである「モバイルインデックス(Mobile Index)」の分析データを活用してゲーム別の売上を推定してみました。 グーグルストア20位内に入った中国ゲームの今年上半期の総売上額は、前年同期比約15%下落しました。中国のゲームの中で売上1、2位を記録したゲームの売上高が昨年より落ちがことがこの大きな理由だとみられています。これは、成熟期に入った韓国アプリゲーム市場で韓国ゲームだけではなく海外ゲームの競争が以前より激しくなったことを間接的に表しています。

[画像5: リンク ]



また、中国のゲームパブリッシャーの変化も目立ちます。2016年上半期、中国のゲームパブリッシャーは中国現地会社、もしくは韓国に支社を置いている中国の会社が殆どでした。しかし、今年は韓国パブリッシャーが大幅に増加しました。 これは韓国アプリゲーム市場の状況が変化することによって、中国ゲーム会社が韓国市場に期待するところが変わったと判断されます。

もう少し詳しく説明すると、前よりも使用者の流入単価(Customer Acquisition Cost)は増えたが、流入された使用者からの売上が少し減少した問題の解決する為、韓国パブリッシャーと一緒にゲームの発売を考慮したと見られます。又、他の国で検証されたゲームを安全にサービスしたい韓国パブリッシャーのニーズが大幅に増加しており、このような傾向は当分続く見通しています。

アイジーエイワークスの中国事業チームのbrian HONG部長は「 成熟期に入った韓国アプリゲーム市場に成功的に参入するには、事前調査でより正確な目標値を分析してから、投入可能な費用を考慮したサービス方法を決定しなければならない。 もし、直接サービスを決めたならば、効率的なマーケティングを執行するために、データ分析ツールの事前設計を徹底にしなければならない。アイジーエイワークスでは'モバイルインデックス'で発売前の市場分析とデベロッパー予想の目標値の樹立を助けて、'アドブリックス'でリアルタイムの広告効果を分析したデータをマーケティング(re-engagement)にも活用する」と語りました。

又、 マーケティング費用が上昇して、売上高は減少する今の時点で外国のゲームが安着するには、韓国現地企業とのコラボレーションが重要だ。協業範囲はパブリッシングのほかにもデータ分析、広告の素材制作・ASO(App Store Optimization)などの現地化、グローバル・現地広告メディア運営まで拡大されている。 これは韓国市場での成功率を高めるのに役立つ"とも説明しました。

実際、今年の韓国市場に進出した中国のゲームの60%以上がアドブリックスを搭載しました。このようにアイジーエイワークスでは自社ソリューションと両国のゲーム市場に対する高い理解度を積極的に活用して、中国を含めてた他の国からの韓国市場進出をコンサルティングして体系的に助けいます。

●「adbrix」について

adbrixは韓国で最大のシェア率を持つアプリ広告効果計測・分析ソリューションであり、グローバル媒体の広告効果計測とアプリのデータ分析を1つのツールで実現します。計測URLを利用してユーザーがどのようなマーケティングチャネルから流入したかが確認できます。また、DAU・リテンション・ランキング・新規起動・年齢・性別・地域・国家・離脱率などのアプリを利用するユーザーを様々な角度で分析し、チャネル別のマーケティング効果を分析データと1つのレポートとして提供します。現在ゲーム、O2O、ECなどの様々なカテゴリーの1万9千のアプリがadbrixを利用しています。


●IGAWorks, Inc.(株式会社アイジーエイワークス)について

アイジーエイワークスは、アプリ広告に関する技術全般のサービスを提供する韓国唯一のフールステックアドテック(Full Stack AD Tech)企業です。主なサービスでは、19,000アプリが利用している韓国シェア率1位の「adbrix」、1日4,000万以上のデバイスをリアルタイムでターゲティング広告を配信できる「TradingWorks」、1週で50万件以上の新規インストールが確保できるリワードアドネットワーク「adPOPcorn」、アプリゲーム市場の流れが把握できる情報・インサイトとトップセールスゲームの運用戦略を提供する「Mobile Index」などがあります。
また、Facebook Marketing PartnerとGoogle Premium Partnerを同時に持つ韓国唯一の会社であり、モバイル・パフォーマンス・グローバルをつなぐ広告運用分野にもトップの位置を持っています。

[画像6: リンク ]

- 設立: 2006年12月22日
- 代表者:CEO Eric Kukseong Ma
- 本社:9F, DMCC bldg., Sangamsan-ro 48-6, Mapo-gu, Seoul
- サイト:リンク
- 会社紹介書:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]