logo

YOTELがスターウッド・キャピタル・グループと2億5000万ドルの戦略提携

YOTEL 2017年09月26日 17時23分
From 共同通信PRワイヤー

YOTELがスターウッド・キャピタル・グループと2億5000万ドルの戦略提携

AsiaNet 70257 (1485)

【ロンドン、マイアミ2017年9月26日PR Newswire=共同通信JBN】YOTEL(リンク )は26日、大手グローバル民間投資企業、スターウッド・キャピタル・グループ(Starwood Capital Group、スターウッド)系列のファンドがYOTELに2億5000万ドルの戦略投資を行うと発表した。30%の株式取得のほか、YOTELが国際規模を拡大していることから、新築、ホテル改装、適応型再利用物件の不動産取得への投資も含まれる。

スターウッドの現在および今後の提携投資は、欧州、北米、アジアを中心とするYOTELの急速な世界展開を加速する。また、YOTELがブランド特性を強化して地理的に拡大し、YOTELの革新的なゲスト体験を高めることにも一役買う。スターウッドはすでに、エディンバラ、グラスゴー、アムステルダムの中心地を確保しており、これらはYOTELとして2019年までに開業する見通しである。

スターウッド・キャピタル・グループのバリー・スターンリヒト会長兼最高経営責任者(CEO)は「この戦略的な提携と投資は、革新的なホスピタリティー・プラットフォームに投資するというスターウッドの長年の情熱とコミットメントを強調するものである。YOTELはテクノロジー、スマートデザイン、手ごろな価格の特徴ある体験を重視する興味深いブランドである。それはデジタル時代の創造的破壊の波の中では適切な戦略である。YOTELにはグローバルなアピール力があり、望ましい都心、空港ロケーションの主要な戦略買収・開発によって容易に拡大できる」と語った。

スターウッド・キャピタル・グループの欧州ホテル担当マネジングディレクター、コーディ・ブラッドショー、上級副社長のサラ・ブロートン両氏は、主要株主で合わせて65%の株式を保有するJassim Al Bahar Group、IFA Hotels & Resorts、United Investment Portugal、Aqarat各社の代表とともにYOTELの取締役会に加わる。

YOTELのタラル・アルバハール会長兼リードインベスターは「従来の株主とともにYOTELに新機関投資家を迎えることを発表できてうれしく思う。スターウッド・キャピタル・グループの投資は当社の戦略を確認し、重要な拡大段階に力と安定をもたらし、YOTELが手頃な大手高級ホテルブランドになるための新しい展望を開く」と述べた。

YOTELのヒューバート・ビリオトCEOは「YOTELは現在、さまざまな開発段階のホテル15軒を擁して急成長している。われわれはスターウッドの投資、デザイン、運営、技術の専門知識を活用し、プラットフォームを拡大して人材を引き付け、新たな市場に参入することを見込んでいる。その一方、当社ブランドを次のレベルに引き上げるため、従来のパートナーとの緊密な協力を継続し、新たな関係を育んでいく」と語った。

スターウッド・キャピタル・グループとの提携はYOTELの創業10周年と重なる。今年は北米のYOTELボストンとYOTELサンフランシスコ、さらにYOTELシンガポールのオープンなど大幅成長の年である。10月1日開業のYOTELシンガポールは、YOTELにとってアジア初のホテルになる。

今回の取引では、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(Bank of America Merrill Lynch)がYOTELに助言を与えた。

▽スターウッド・キャピタル・グループについて
スターウッド・キャピタル・グループ(Starwood Capital Group)はグローバル不動産、エネルギー基盤、石油・天然ガスを中核とする民間代替投資企業である。同社と子会社は世界4カ国に10カ所のオフィスを構え、現在3400人以上の従業員を抱えている。スターウッド・キャピタル・グループは1991年のグループ創業以来、420億ドル以上の自己資本を調達し、現在540億ドル以上の資産を管理している。同社は事実上、グローバルベース不動産のあらゆる分野に投資しており、リスク/報酬ダイナミズムが進化すると認識して、資本蓄積の区分、地理、立場を便宜的にシフトしている。スターウッド・キャピタル・グループと子会社は過去26年、公開、未公開両市場の建設業を含む投資戦略を成功裏に実行してきた。

詳しい情報は公式サイト(リンク )を参照。

▽YOTELについて
一流の旅の豪華さとゲスト周りの妥協のないデザインにインスピレーションを受けたYOTELは、高級ホテルの不可欠の要素を小さいスマートスペースに応用し、共同作業、懇親会、運動エリアを伴う連帯感を提供する。プレミアムキャビンには、活力を呼び戻すモンスーンシャワーの雨を施したYOTELのシグニチャーである調節可能な「SmartBed(TM)」、調節できるムード照明、スマートTV、マルチパワーポイント、簡便なコネクティビティーを備えた「テクノウォール」がある。

YOTELの進化はリンク で閲覧可能。

YOTELは、一流の旅にヒントを得て、豪華な空の旅の手法を小さいがぜいたくなキャビンに当てはめたYO!の創業者、サイモン・ウッドロッフ氏が創業した(リンク )。

▽問い合わせ先
yotel@kwittken.com

ソース:YOTEL

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]