logo

横浜美術大学の学生が工事現場で「仮囲いアート」を制作 -- 「横浜・水・未来」をテーマに

横浜美術大学 2017年09月26日 08時05分
From Digital PR Platform


横浜美術大学(横浜市青葉区)は横浜市および竹中工務店・西松建設共同企業体と連携し、大岡川沿いの横浜市市庁舎移転新築工事に伴う仮囲いにアートパネルを装飾する事業を展開。建設段階からの魅力的な景観形成とともに、市民の関心向上を図ることを目的としており、「横浜・水・未来」をテーマに学生らがパネルをデザインした。今後も段階的にアートを増やしていく。


 横浜市の現市庁舎は、昭和34年(1959年)に開港100周年記念事業のひとつとして建設された。建築から50年以上が経過し、施設・設備の老朽化をはじめ、執務室の不足と複数のビルへの機能の分散化による市民サービスの低下や民間ビル賃借料の発生、業務効率の低下、危機管理機能の強化の必要性などの課題を抱えている。
 こうしたことから、同市は新市庁舎移転新築工事を決定。8月に着工し、2020年に竣工、運用を開始する予定となっている。

 横浜美術大学ではこのたび、横浜市と工事施工者の竹中工務店・西松建設共同企業体と連携し、この工事現場の仮囲いに学生がアートを施す事業を実施することとなった。第一弾として、9月14日に37枚のパネルが掲出された。
 市松模様に並んだ1枚1枚のパネルデザインは、「横浜・水・未来」をテーマに34名の学生が制作した。2019年までの工事期間中、全長約52mの壁面に段階的にアートを増やす予定で、今後も市民の方々を楽しませるパネルを制作していく。

▼本件に関する問い合わせ先
 横浜美術大学 広報係
 〒227-0033神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1204
 TEL: 045-963-4066
 FAX: 045-961-7371
 E-mail: hamabi@yokohama-art.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。