logo

Spider金融商品取引向けサービス稼働

金融機関向けソフトウエアハウスである株式会社インタートレード(以下:インタートレード)は、この度大手総合商社(以下、大手商社)にて金融商品取引向けトータルソリューション『Spider』を稼働しました。



導入背景
 インタートレードの長年のシステム提供/運用実績をご評価いただき、大手商社はサービスプロバイダとしてインタートレードを選定しました。大手商社は、当社サービスをご採用いただくことにより、更なる業務効率化、並びに拡張性が確保されます。

Spiderについて
 昨今の金融商品取引業務はコングロマリット化しており、特定アセットクラスや業務に特化したソリューションのみではシームレスな対応が困難となってきています。Spiderは、インタートレードがこれまでリリースしてきたあらゆる金融商品取引業務向けパッケージシステムの中から、必要となるプロセス/アプリケーション機能をピックアップ、或いは融合させることにより、お客様の業務に沿ったシステム機能をコンパクト化しつつも深化させたソリューションです。これらの提供機能のベースとなるライブラリなどのコンポーネントやそれらの制御機能をインハウス構築することにより、サードパーティリスク低減、並びに運用/保守性の向上を企図しています。
 更に、顧客特有の業務要件については柔軟にエンハンス対応する「ハーフスクラッチ型」等のサービスモデルもラインアップすることで、ノウハウ流出リスクをも低減させます。Spiderは旧来のパッケージサービスとは全く異なるコンセプトから提供されるインタートレードのフラッグシップサービスで、柔軟かつ迅速なサービス導入を実現する次世代型ソリューションです。
[画像: リンク ]


今後のサービス戦略
金融商品取引向けサービスは、“Fintech”という言葉で形容される通り、日進月歩の進化を遂げています。当社はあらゆる金融商品取引業務に対応可能なライブラリ型ソリューション『Spider』や、キャピタルマーケット向け執行ソリューション『Prospect』を軸として、今後も“Fintech”を最大限活用したサービス企画や有効性検証など、更なるサービス拡張を内外パートナーシップを採用することで積極展開します。そして、あらゆる金融関連業務を展開される金融機関や事業会社のビジネス拡大に貢献して参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。