logo

2018 International Signs and LED Exhibitionが広州で開催される

International Signs and LED Exhibition 2017年09月21日 16時26分
From 共同通信PRワイヤー

2018 International Signs and LED Exhibitionが広州で開催される

AsiaNet 70185 (1453)

【広州(中国)2017年9月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*最先端の広告設備を展示する世界最大のイベント

2018 International Signs and LED Exhibition(ISLE 2018)は来年3月3日から6日まで、中国・広州のCanton Fair ComplexのArea Bで開催される。世界中の1600以上の展示者と20万人の訪問者が来場すると予想されている。

ISLE 2018は、LEDディスプレー&アプリケーション、LED照明&新技術、彫刻機、広告看板を展示し、広告看板やLEDの購入・調達にとって最高の広告・LED業界向け業界プラットフォームとして世界のバイヤーに寄与する。

ISLEのディレクター、リー・インジエ氏は「この展示会が相互コミュニケーションおよび協力にとって貴重な機会を参加者に提供することを期待している。参加者が市場知見を獲得し、業界のダイナミックかつ最先端の技術を吸収することを支援するのがわれわれの使命である」と語った。

▽LEDディスプレー・ゾーンは最高のソリューションを展示
ISLE 2018には商用ディスプレー技術&アプリケーションのための新しい展示エリアがあり、統合ソリューションを提供する。新規参加の注目すべき企業には、大手LEDパッケージング機械サプライヤーのAn Shan DAE WHA Displayと、中国最大の自動はんだペーストプリンター企業のGKG Precision Machine Co., LTD.がある。表面実装デバイス(SMD)&HDディスプレーのリーダーBakoなどの展示企業もプレゼンスを拡大する。

▽広告看板と機械ゾーンが業界リーダーを集める
彫刻機ゾーンは、Shanghai International Ad & Sign Technology & Equipment Exhibition(APPP エキスポ)との戦略的提携を通じて世界で定評があるブランドが出展する。企業本社からの展示者にはShenzhen Just Motion Control Electromechanics Co., Ltd.,が含まれ、シルクスクリーン印刷もこのセクションに追加された。

▽広告看板セクターでの賞
「中国のタイポグラフィー」をテーマに掲げる広告看板セクションは、コンペ、フォーラム、サイン証明など一連の活動を開催する。

ISLE 2018はまた、看板、ディスプレー&関連材料、DLPスプライシング、LCD/PDPスプライシング、プロジェクション・ディスプレー、デジタルサイネージ&タブレット・ディスプレー、彫刻、自動販売機&照明ボックス、インジェクト・プリンティング専用区域も用意する。

▽ISLEについて
Canton Fair Advertising Co., Ltd.(広州交易会広告公司)とChina Foreign Trade Guangzhou Exhibition General Corp(CFTE、中国対外貿易広州展覧公司)が共催する2018 International Signs and LED Exhibition(ISLE)は、専門的、カリスマ的、インテリジェントな広告看板のために完全統合されたLED産業チェーン・ソリューションのプラットフォームである。

詳細はウェブサイトリンク を参照。

ソース:International Signs and LED Exhibition

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]