logo

APPSFLYERがエンタープライズ向け広告不正防止ソリューション、PROTECT360を導入

AppsFlyer 2017年09月21日 10時33分
From PR TIMES

莫大な規模の新種の広告不正を発見

2017年9月20日 -- モバイルアトリビュ―ションとマーケティングアナリティクスの世界的リーダーであるAppsFlyerは、本日、広告主にモバイルインストール不正による費用と損失に対して免疫性を与える総体的かつ統合的なソリューション、 Protect360 の一般提供を開始しました。選出された顧客とのβテストにおいて、 DeviceID Reset Fraud(デバイスIDリセット詐欺)が以前に認知されていたよりも蔓延しており、昨年、広告主に概算11~13ドル億の損失が生じ、全てのインストール詐欺の50%を占めていることがProtect360により明らかになりました




新たに発見されたDeviceID Reset Fraud(デバイスIDリセット詐欺)は、継続的に増加しているモバイルマーケティングの支出がいかに犯罪者の興味を引き付けているかを反映しています。DeviceID Reset Fraud(デバイスIDリセット詐欺)は、Phone FarmsまたはClick Farmsとしても知られているデバイスファームにより実行されます。この詐欺は、広告詐欺やその他の不正な活動を行う数千ものモバイルデバイスを含む、高度に組織された活動です。この規模の詐欺行為を隠蔽するのは簡単ではありませんが、デバイスファームは、各モバイルデバイスのIDを継続的にリセットするなど、数多くのテクニックを駆使して活動を隠蔽しています。このテクニックにより、デバイスファームの各携帯電話は数千回インストールが繰り返された後でも「新しく」見え、莫大な金額の詐欺を発生させ、結果として年間数十億ドルもの経済的損失が出ています。
[画像1: リンク ]

「ビッグデータと機械学習を結合させ、今日アクティブな携帯デバイスの98%の異常を検出するAppsFlyerのような会社しかデバイスIDリセット詐欺のスキームの範囲を明らかにすることはできません」と AppsFlyer Japanカントリーマネジャーの大坪直哉は述べました。また、同氏は続けて、「Protect360は、広告の統合ネットワークが、顧客の保護、DeviceRankデータベースのエコシステムへの提供のような知的サービスを基礎として物事を進めることに関し確実に一歩踏み出すためのターニングポイントであり、このようなイノベーションで最新のものとなります」と述べました。

Protect360には、不正インストールを阻止し、進行しつつある不審な行動や異常な活動に対する警告を発することでリアルタイムに保護を行う、複数層から成る詐欺対策テクノロジーとツールが使用されています。サイトIDレベルでのDeviceID Reset Fraud(デバイスIDリセット詐欺)を防止し不正デバイスを認識する他、インストールハイジャック、クリックフラッディングや中間者攻撃を含むこれらに限定されないその他の種類の不正からクライアントを保護します。リアルタイムポストバックは、ネットワークパートナーをループの中に留め、広告主とパブリッシャーの間の仲介交渉の必要性を最低限に抑え、インベントリ内の詐欺問題を解消する手助けをします。詳細な詐欺救済レポートにより、マーケターは詐欺が阻止された時期と場所を見つけ出し、必要に応じてネットワークパートナーと共に未然に防止する措置を講じることができます。
[画像2: リンク ]

Protect360のベータテストによれば、DeviceID Reset Fraud(デバイスIDリセット詐欺)により、以下の問題が引き起こされています:
● マーケティング主導型アプリのインストール10回中1回が詐欺となる
● iOSとAndroidで詐欺が見つかり、双方のオペレーティングシステムが同等に扱われる
● 上位100位のネットワークのうち(非オーガニックインストールの量による)、16のネットワークが20%以上の端末ID不正リセットの危険に晒され、34のネットワークが10%を超えている

Protect360は、自動化された保護の他、AppsFlyerの Live Alerts、Validation RulesとIO Builderと統合しています。これにより、広告不正からのプロテクションをさらに強化することができます。
● Live Alerts は、チームメンバーに希望するチャネルを介して、詐欺とパフォーマンス測定基準を含む主要業績評価指標の変化を通知します
● Validation Rules は、不正標識を含む数々の基準を踏まえ、どのインストールが詐欺に起因するか(しないか)を定義付けます
● IO Builder: Fraud Appendixにより、キャンペーンが開始する前にIOプロセスの一環として不正測定基準の定義付けを行い、マーケターとネットワークは冗長な仲介交渉を回避 することができます。

新たなモバイル広告詐欺のフルレポートを取得するには、次のウェブサイトにアクセスしてください:
リンク

幕張メッセで行われている東京ゲームショウのAppsFlyerブースにおいても、詳細を確認可能です(ビジネスソリューションコーナー ホール5 N04)。

AppsFlyerについて
AppsFlyerのテクノロジーは、世界のスマートホンの98%に使われており、世界的にモバイルアトリビュ―ションとマーケティングアナリティクの最先端を行く技術です。データ主導型マーケターは、モバイルビジネスの成長と保護のための独立測定ソリューションと革新的ツールでAppsFlyerを頼りにしています。AppsFlyerのプラットフォームは、毎日数十億ものモバイル操作を処理しており、このためアプリケーションマーケターと開発者はマーケティング投資の利益を最大化することができます。AppsFlyerのNativeTrackTM アトリビュ―ション、 マーケティングアナリティクデータ、OneLinkのディープリンキング能力及びProctect360企業向け詐欺対策ソリューションを有するAppsFlyerのプラットフォームは、世界で最も成功しているモバイルアプリの主要リソースとなっています。Facebook、Google、Twitter、Pinterest、Snap Inc.、Tencent及びその他の2,500を超える統合パートナー及びHBO、Playtika、Waze、Alibaba、Kayak、Activision及び12,000を超える世界の主要ブランドを含む顧客を抱えるAppsFlyerは、世界中に12箇所のオフィスを所有し各地からマーケターを支援しています。詳細につきましては、www.appsflyer.comにアクセスしてください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。