logo

FileWaveがモバイルデバイス管理スイートのバージョン12.3の大幅アップグレードを発表

FileWave 2017年09月20日 17時04分
From 共同通信PRワイヤー

FileWaveがモバイルデバイス管理スイートのバージョン12.3の大幅アップグレードを発表

AsiaNet 70177 (1442)

【インディアナポリス2017年9月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*iOS 11、tvOS 11、macOS High Sierraに対する全面サポートは多数の最新Apple機能およびプロファイルを追加し、FileWaveの管理能力を全体にわたり拡張する

マルチプラットフォーム・デバイス管理のグローバルリーダー、FileWaveは、Appleの最新オペレーティングシステム(OS)のiOS11とtvOS 11、さらにmacOS High Sierra 10.13がリリースされれば、それぞれを直ちに全面サポートすると発表した。

▽Appleデバイスに対する同日サポート
FileWaveは、アップグレードされたすべてのAppleオペレーティングシステムをリリース即日にサポートすることを誇りにしている。現在のFileWaveの顧客は、新規ないしはアップグレードされたAppleデバイスが継続的に動作し、FileWave 12.3を搭載する新しいApple機能とプロファイルが使用できることを承知しているので、安心できる。これらの新しいプロファイルの追加および変更は、macOSのプロファイル拡張、tvOS Airplay Security、iOS DNSプロキシ、コマンド変更などを含め、組織のデバイス管理能力を拡充する。

▽FileWave Imaging v5.3とLightning v1.8.7
FileWaveはまた、Imaging v5.3とFileWave Lighting 1.8.7もリリースし、同社のクロスプラットフォームWindowsおよびMacイメージング・ソリューションの向上を発表した。これらのイメージング・ソリューションはアップグレードされ、Appleの最新APFSファイル構造をサポートするとともに、APFSを採用したmacOS High Sierra 10.13で動作するデバイスへのサポートも提供する。

▽Engage 1.3.2
クラスルーム管理ツールのEngageは強化され、CleverおよびGoogle認証による認証機能を向上させる。

▽FileWaveについて
1992年創設のFileWaveは世界中の企業、教育、政府機関にマルチプラットフォーム・エンドポイント管理ソフトウエアを提供し、イメージング、開発、管理、メンテナンスのライフサイクルプロセス全体にわたりITチームを支援する。FileWaveのオールインワンの高度にスケーラブルなソリューションは、多様で急増するユーザー、デバイス、コンテンツを管理するための多数の課題を解決し、macOS、iOS、Windows、Chrome OS、Androidで動作するデスクトップおよびモバイルデバイスの両方をサポートする総合的なソリューションを組織が保有することを実現する。詳細はウェブサイトリンクを参照。

▽問い合わせ先
Jason Noel
FileWave
+1 (888) 345-3928
jasonn@filewave.com

ソース:FileWave

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。