logo

日本初の4コマ漫画専門SNS「4コマgram」を運営するナックルボール株式会社が資金調達。さらなるサービスの拡大へ。

ナックルボール株式会社 2017年09月18日 20時04分
From PR TIMES

エンジェル投資家で元楽天株式会社代表取締役副社長の島田亨氏から資金を調達。

ナックルボール株式会社が元楽天株式会社代表取締役副社長の島田亨氏、その他投資家からシード資金を調達。人材の確保とサービスの拡大に向けてスタート。



日本初の4コマ漫画専門SNS「4コマgram」を運営する札幌市のスタートアップ企業、ナックルボール株式会社(代表取締役:日野雄介)がエンジェル投資家で元楽天株式会社代表取締役副社長の島田亨氏とその他投資家1名からシード資金の調達を完了いたしました(※金額等は非公開)。

代表の日野は、東京在住中は外資系広告代理店のコピーライター・CMプランナーとして10年以上勤務した後、故郷の札幌市に拠点を移して北海道の企業のCMを年に100本前後制作していたキャリア20年の広告クリエイター。
CMを制作する際に絵コンテを描いていたことから、同僚などど4コマ漫画を遊びで描いては見せ合っていたが、その頃から4コマ漫画の魅力に惹きつけられていました。

2016年7月に独立してナックルボールを設立した際に、ここ数年のITスタートアップの盛り上がりに影響を受け、自らも自社プロダクトを作りたいと考えていた時に目をつけたのが4コマ漫画。
ブログやTwitter上で4コマ漫画を描いている人はたくさんいるものの、分散していて4コマ漫画業界が盛り上がっていないことに問題点を感じ、まだどこにも存在していなかった4コマ漫画専門のSNSを立ち上げ、4コマ漫画を「点から線に」し、もっと普及させたいと考えました。
そして2017年8月9日にプロダクトをリリース。

[画像1: リンク ]



最初は投稿作品がどれだけ集まるか不安があったものの、リリースしてから予想以上の投稿者と読者が集まり、「これは伸びる!!」と自信を持ち、資金調達に至った次第です。

資金調達後に広告の運用や人材を強化した結果、当初20名ほどだった投稿作家が50名を越え、それに従い投稿数も予想以上の伸びを見せています。
そしてユニークユーザー数は当初の予想の3倍に伸び、現在KPIを上方修正しています。


[画像2: リンク ]


閲覧されるデバイスはスマートフォンとPCで8:2の割合であり今後はスマホアプリの開発なども視野に入れていますが、現在はユーザーの獲得を第一と考え日々プロダクトの改善を最優先事項としています。

島田氏からは札幌と東京で距離があるためメッセージのやり取りでアドバイスを頂戴しておりますが、そのビジネスの経験から多くを学ぶべく、今後も距離を感じさせないコミュニケーションを取りながらサービスを伸ばしていきたいと考えています。

通勤の途中や仕事の合間のちょっとした休憩時間に、4コマ漫画は最高にマッチするコンテンツです。
まだ世にその名が轟いていない天才たちの、極上のエンターテイメントを是非お愉しみください。

リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。