logo

積木製作、VRを活用した安全教育システムをJR東日本に納入

株式会社 積木製作 2017年09月13日 09時04分
From PR TIMES

最先端の技術を活かし、労働災害ゼロを目指す「体験型教育」

バーチャルリアリティ(VR)コンテンツ制作の株式会社積木製作(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:城戸太郎)は
東日本旅客鉄道株式会社新潟支社からの依頼を受け、VR技術を活用した安全教育システムを開発、2017年9月4日に納入しました。



■背景
これまでJR東日本新潟支社では、線路関係の工事を担当する現場スタッフに、安全教育の一環で、実際に車両の運転席に乗車し、運転手からの視線を体験するという教育を行なってきました。しかし、危険な作業を目の当たりにする事ができない為、危機意識を持つ事ができず、より効果的な教育手段の開発は喫緊の課題となっていました。そこでVR技術に着目し、今回のシステム開発依頼に至りました。

■コンテンツ内容
実際の車両の運転席から約15分間の道程の360°実写映像を撮影しました。撮影はVRパノラマ撮影の360(代表者:静谷広晴)が担当しました。映像素材に様々な作業を行なっている作業員を3DCGによって合成、中には危険行動を取っている作業員もいるというVR映像を完成させ、約6分間のコンテンツに仕上げました。安全教育受講者は映像をモバイルタイプのVRゴーグルで閲覧し、危険行動を取っている作業員を指摘・回答していくという内容の教育を受ける事ができます。
[画像1: リンク ]


■システム内容
本案件では、多人数に対しての教育を想定し、モバイル型のHMDを導入。講師側はタブレットを操作し、同時スタート、停止、頭出し、スロー再生等の命令を与える事が可能です。また受講者それぞれのスコアの確認、出題番号による正答率の出力機能も備えています。
[画像2: リンク ]

■今後の展望
積木製作では建設、製造業を中心に、安全教育や研修分野でのVRの導入を積極的に進めてまいります。

■株式会社積木製作 会社概要
所在地:東京都墨田区江東橋2-14-7錦糸町サンライズビル9F
設立:2003年9月1日
URL:リンク
本製品URL:リンク

■本件に関するお問合せ
株式会社積木製作 担当:赤崎
TEL:03-6666-9220

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]