logo

ニュージーランド発のブティックカフェ モジョコーヒー「UberEATS」にいよいよ登場!

株式会社モジョジャパン 2017年09月07日 13時20分
From PR TIMES

煎りたて豆の美味しいコーヒー、焼き立て天然酵母パンのサンドウィッチをお好きな場所で!



株式会社モジョジャパン(本社:東京都新宿区、代表:ジャスティン・エルス)は、 Uber社が提供するフードデリバリーサービス「UberEATS」を導入し、デリバリーを開始致しました。

[画像1: リンク ]

Details 詳細
US発の「UberEATS」は、アプリ内で料理の注文から決済までをワンストップで行えるサービス。配車サービスを世界中で手がけるUber社がその革新的なテクノロジーを活用して展開するUberEATSは、アメリカやヨーロッパをはじめ様々な都市で利用されています。

Mojo X UberEATS 最強なコラボ
2017年9月7日より、まずは「モジョコーヒー 原宿店」から「UberEATS」の導入をいたします。 店舗でも大人気の焙煎工場から毎日届く煎りたて豆で淹れたコーヒーや、隣のベーカリーで焼いたばかりの天然酵母パンで作った手作りサンドウィッチなどのこだわりメニューを、ご自宅やオフィスなどお好きな場所で楽しむことが可能となります。

[画像2: リンク ]


[画像3: リンク ]

焙煎工場から届いた本日のシングルオリジンで淹れた水出しコーヒー。
普通のアイスコーヒーとは違う味わいをお楽しみください!
[画像4: リンク ]

焼き立ての天然酵母パンの手作りサンドウィッチ
※ 「UberEATS」は、株式会社UberJapan株式会社の商標となります。

Delivery Details 「デリバリー」概要

[画像5: リンク ]


対象エリア: 渋谷区一部、港区一部、新宿区一部
受付時間: 10:00~18:00


About Mojo Coffee モジョコーヒーとは
2003年、Mojoは小さなブティックカフェと焙煎所を ニュージーランドの首都ウェリントンにオープンしました。オープン以来、妥協のないクオリティコーヒーは評判を呼び、世界一のカフェ激戦区と言われたウェリントンのカフェの先駆者として成長をしました。現在は35店舗をグローバル展開(現在 拡大中)してい ます。

About Mojo Japan モジョジャパンとは
2012年、モジョジャパンは神楽坂の住宅街にある一軒家で第一歩を踏み出しました。他にはないユニークでオリジナリティ溢れるカフェを作るため、モジョジャパンはニュージーランドと日本の2つのカルチャーを上手く融合させることにチャレンジしています。 ニュージーランドは、その心地良さとフレンドリーな 「Kiwiスタイル」のサービスに強みがあります。(海外では、ニュージーランド人のことを「Kiwi」と呼びます!)日本はその卓越したクオリティーとディテールに拘った接客サービスに強みがあります。それぞれの良さを最大限に生かしたお店作り、空間作り、お客様とのコミュニケーションをモジョジャパンは大切に考えています。 提供しているのは薫り高い美味しいコーヒーとフード。 コーヒーを通じて、私たちは心地よく、楽しい時間と 特別な空間をお届けできたらと思っています。

Shop Info お店の紹介
■ 神楽坂 Kiosk

[画像6: リンク ]
〒162-0817 東京都新宿区赤城元町4-11
座席数   20席
営業時間 月~ 金 7:30 - 19:30
     土日・祝 9:00 - 20:00

■ 早稲田 カフェ
[画像7: リンク ]

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町110
座席数   76席
営業時間  月~ 金 7:30 - 19:00
      土日・ 祝 9:00 - 19:00

■ 原宿 カフェ

[画像8: リンク ]

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-22-15
座席数   150席
営業時間  月~ 金 8:00 - 19:00
      土日・祝 9:00 - 19:00

■ Online Store
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。