logo

網屋のALogシリーズ、HPE製ファイルストレージに対応

株式会社網屋 2017年09月06日 10時00分
From PR TIMES

株式会社網屋のセキュリティパッケージ「ALog(エーログ)シリーズ」が、日本ヒューレット・パッカード株式会社の「HPE 3PAR StoreServ」に正式に対応したことを発表致します。



株式会社網屋(東京都中央区/代表取締役 伊藤整一)のセキュリティパッケージ「ALog(エーログ)シリーズ」が、日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下 HPE、東京都江東区/代表取締役 社長執行役員 吉田仁志)の「HPE 3PAR StoreServ(エイチピーイー スリーパー ストアサーブ、以下 3PAR)」に正式に対応したことを発表致します。

業界屈指のオールフラッシュアレイである3PARは、ファイルサーバとしても利用できるエンタープライズストレージサーバです。
情報漏えい対策/ビジネスコンプライアンスの観点から、ファイルサーバにはアクセス監視機能を付帯した導入が望まれますが、これまで3PARに対応したアクセス監視の該当製品はなく、「ALogシリーズ」での対応が国内では初となります。

不正操作を監視するアクセスログソリューションのALogを開発する網屋が、HPE社の3PAR開発チームと合同で、今回新たに3PARの監査ログの実用化を成功させました。
主な特徴は下記の通りです。
・ALogのエージェントレス収集により、3PARの高速パフォーマンスを低下させない
・3PARが出力する監査ログをユーザーの実操作が分かるように見やすく整形
・ファイルアクセスだけでなく複合的にログの集約が可能となり、統合ログマネジメントが実現できる

本製品は、3PARの既存ユーザーからも発売を待ち望む声が多く、リリース前からすでに数社への導入が予定されていました。今後も案件数を増やし、1年間で約200社への導入を見込んでいます。

■日本ヒューレット・パッカード様のご推薦文
 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、セキュアなファイルサービスを実現する「ALog シリーズ」との連携を開始できることを、心から歓迎致します。
弊社のプライマリ統合ストレージの「HPE 3PAR StoreServ」が、非常に高い実績と信頼を持つ「ALog シリーズ」と連携することで、安全性の高いファイルストレージ運用環境へのニーズにお応えできるようになり、より多くのお客様にご満足いただけるものと確信しております。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
エンタープライズグループ事業統括
データセンター・ハイブリッドクラウド事業統括
データセンター・ハイブリッドクラウド製品統括本部 統括本部長
本田 昌和

■ 「ALog(エーログ)シリーズ」とは
ALog ConVerterをはじめとする「ALogシリーズ」は、エージェント(常駐ソフト)を必要としないサーバアクセスログ管理ツールです。2005年9月より販売開始をし、国内外の3,000社以上の企業で採用されています。監視対象サーバのイベントログを取得し、独自の翻訳ロジックによって、ファイルサーバへのアクセスやドメインログオンなどの操作が分かるログに変換します。重要データが格納されるサーバ側からログを取得することにより、ストレスのない効率的なログ管理を実現します。
[画像: リンク ]

製品URL: リンク

◆本プレスリリースのURL
リンク

◆株式会社網屋について
1996年12月に設立された株式会社網屋は、セキュリティ対策ソフトウェア製品「ALogシリーズ」の開発および販売を行うSAP(Security Audit Product)事業と、セキュアなITネットワーク基盤を設計・構築するIT基盤事業の二つの事業を軸に、お客様のICTインフラに関わるニーズを総合的に提供しています。
網屋WebサイトURL: リンク

◆製品に関するお問い合わせ
株式会社網屋 営業本部 東日本営業部
TEL: 03-6822-9996 (ダイヤルイン)
E-Mail: bv-sales@amiya.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]