logo

カレンダー共有アプリ「TimeTree」 個別の予定を共有できる新機能「共有予定機能」を追加 ~サービスのプラットフォーム化の第一弾~

株式会社JUBILEE WORKS 2017年09月05日 13時25分
From PR TIMES

 株式会社JUBILEE WORKS(本社:東京都新宿区、代表取締役:深川 泰斗、以下JUBILEE WORKS)は、スマートフォン向けカレンダー共有アプリ「TimeTree(タイムツリー)」において2017年9月5日、予定ひとつずつを個別に共有できる「共有予定機能」を追加いたしました。さらに今後より多くの人への共有を可能にするべく、TimeTreeユーザーがイベント情報を発信できる機能や、外部からTimeTree機能を活用できるAPIの提供などより予定情報の発信に適したカレンダープラットフォームを目指してまいります。



■カレンダー共有アプリ「TimeTree」について
 TimeTreeは2015年3月24日より提供している、iOS/Android、Web対応のカレンダーアプリです。利用ユーザーの多くはTimeTreeを家族・恋人・友人などのグループで共有し、日々の予定について相談・計画する場として利用されています。2017年7月には500万登録ユーザーを突破しました。

■今回機能追加を行った「共有予定機能」について
 今回の新機能は、ひとつの予定を複数人で共有できる機能です。
 従来のTimeTreeはカレンダーをまるごと相手と共有するというものでした。
 今回新たに追加した「共有予定機能」はカレンダーまるごとではなく、ひとつの予定をほかの誰かと共有したい時に便利です。チャットアプリでも「グループでのトーク」と「相手を選んでのトーク」があるように、今後は予定の共有も相手や目的に応じて共有方法が選べます。

[画像1: リンク ]

■TimeTreeが目指すプラットフォーム
 現在、「面白そうなイベント」「素敵な場所やお店」など、さまざまな興味を引く情報が溢れています。その一方で自分の時間は限られています。情報が多すぎるが故に、せっかく興味を持っても忘れてしまったり自分のライフスタイルにあった情報を集めることに苦労したり、情報の発見や活用が煩雑になっています。
 今後TimeTreeではイベント情報やセミナー情報、商品発売日、来店案内など、ユーザーへの「時間の使い方」を提案したい方々にTimeTreeの機能を提供し、届けたいコンテンツを「興味のある情報」ではなく「ユーザーの予定」にしてもらうことが可能となります。

【提供予定プラットフォーム機能の一例】
■公開イベント・公開カレンダー機能(仮)/ 平成30年初春予定
 TimeTreeユーザーがほかのTimeTreeユーザーへイベント情報を発信できるようになります。コンサート、お祭り、セミナーなど、イベントのオーナーが情報をTimeTreeアプリ内とWeb上に発信でき、興味を持ったユーザーにそのまま予定化してもらえたり、イベント情報のアップデートを届けたりすることが可能です。
[画像2: リンク ]

■TimeTree API(仮)/ 平成29年冬予定
 TimeTreeの機能を外部から利用可能なAPIを公開します。
 例えばウェブサイトに設置可能な「TimeTreeに予定として追加する」ボタンなどです。これにより、店舗やイベントの主催者は、興味を持ってくれたユーザーのスケジュールをより効率的に確保できます。TimeTreeユーザーは、ボタン一つで自分のアプリ内に予定を入れることが可能です。
[画像3: リンク ]

 TimeTreeは単なるひとつのカレンダーアプリではなく、予定を軸とし人と人、人と場所、人と企業をつなげ、ユーザーの皆様がより豊かな時間を過ごすことができるようなサービスプラットフォームとなることを目指します。

■TimeTree詳細(一部抜粋)
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]