logo

秋冬キャンプに最適な素材と設計で快適!焚き火が似合うドームタープ兼テント「ファイヤーベース」発売。

ビーズ株式会社 2017年09月05日 12時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017/09/05

ビーズ株式会社

秋冬キャンプに最適な素材と設計で、広々快適!
焚き火が似合うドーム型タープ兼テント「ファイヤーベース」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア) リンク」は2017年9月5日より、これからの秋冬キャンプに最適な、火の粉に強い素材を採用したドーム型タープ兼テント「ファイヤーベース リンク」の一般発売を開始します。

【画像: リンク

<「ファイヤーベース」が秋冬キャンプに最適である3つの理由>
1.焚き火に強い
 「ファイヤーベース」は、本体生地にポリコットンのみを使用したドームで、秋冬のキャンプの焚き火のお供として活躍します。 ポリコットンはポリエステルとコットンの混紡素材で、ポリエステル100%素材に比べ、火の粉に強いのが特徴。 焚き火を近くでおこなって、火の粉が風で舞い飛んでも簡単に穴があいたりしないため、安心して暖を取ることができます。

【画像: リンク

2.グランピング風で広々快適なのに組立簡単
 前述のポリコットン素材は遮光性・吸湿性が高いというメリットもあります。 濃い日陰を作れる日除けとして、また簡易な雨風除けとしても機能し、どんな天候でも快適に過ごすことが可能。 最大天井高2.4mと、グランピングさながらの開放感がありながら、設営方法は簡単です。 「ファイヤーベース」は同じ長さの3本のポールを生地に差し込み、フックを留めてペグ打ちをおこなうだけで完了します。

【画像: リンク

3.木枯らしにも対応するタープ兼テントの2WAY仕様
 サイドからの日差しや風にも強いドーム型の「ファイヤーベース」には、メッシュ付きの出入り口や窓、ベンチレーターなどを随所に配備しています。 初秋の日差しが強い日には出入り口や窓を開けて風通しをよくし、木枯らしが吹く寒い日や風が強い日には適宜各所を閉めて風よけとして使用できます。 スカートもついているため、寒い季節の暖気を外に逃しません。

【画像: リンク

またテントとしても活用することができる、脱着簡単なフロアを標準付属。 テーブルやチェアを置きフロアレスのシェルターとして、あるいはワンルームのお座敷リビング兼寝室として使用可能です。

【画像: リンク

※ポリコットンは燃えない素材ではありません。 直接炎を当てることや、テント内での火気の使用はしないでください。 また火の粉のかかり方によってはテントに穴が空く場合がございます。

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)
【製品名】ファイヤーベース
【型番:カラー】T8-524-BG:ベージュ、T8-524-BK:ブラック
【サイズ】組立時外寸:(約)W3300×D5000×H2400mm
     収納時:(約)W700×D300×H280mm
【重量】(約)15.1kg
【収容可能人数】大人8名
【最低耐水圧】アウターテント:350mm、フロア:3000mm
【材質】アウターテント:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%、撥水加工)
    フロア:210Dポリエステル(PUコーティング)、ポール:アルミニウム
【付属品】ペグ、ロープ、フロア、専用キャリーバッグ、取扱説明書
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:55,370円)
【ファイヤーベース設営動画】リンク
【製品ページ】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]