logo

TOEFL(R)テストや英語学習の疑問質問にお答えします! 「ETS公認トレーナーが解決!TOEFL(R)テスト質問箱」本日(9月1日)よりスタート!

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 2017年09月01日 12時00分
From PR TIMES

TOEFL(R) Web MagazineはTOEFL(R)テスト日本事務局として活動をしている国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部が運営するWebマガジンです。本日(9月1日)よりTOEFL(R)テスト受験(予定)者、英語学習者を対象とした、学習コンテンツ「ETS公認トレーナーが解決!TOEFL(R)テスト質問箱」を新コーナーとして開始します。



[画像: リンク ]

       第1回目  リンク

■TOEFL(R) テスト開発・運営元のETSが公認したトレーナーが、学習者の疑問質問を解決!
CIEEでは、1981年より日本におけるTOEFL(R)テスト(Test of English as a Foreign Language)の日本事務局としてさまざまな広報活動を行っております。TOEFL(R) Web Magazineは、2001年にTOEFL(R)メールマガジンとしてスタートし、今年で16年を迎えます。
従来は、TOEFLテスト自体に関する情報提供が主でしたが、大学・学校関係者・留学希望者の皆様からのご要望を受け、現在ではTOEFL iBT(R)テスト対策から広く「国際化」「英語教育」をテーマに、さまざまな分野・観点からのメッセージを発信しております。
本日から開始する本コーナーでは、TOEFLテスト開発・運営元のEducational Testing Service(ETS)により公認されたトレーナーが、TOEFLテストや英語学習に関する学習者の疑問質問に簡潔にお答えしていきます。

■コーナー概要
コーナー名:「ETS公認トレーナーが解決!TOEFL(R)テスト質問箱」
対 象 者: TOEFLテスト受験(予定)者、英語学習者
目   的: 学習者の疑問質問に対する ETS公認トレーナーの回答を通して、学習に役立てていただく
更新頻度 : 毎週更新(更新する曜日は不定)
料   金: 無料
U R L : リンク
※第1回目 リンク

TOEFL(R)テスト
TOEFL テストは英語能力を評価する試験として、世界の幅広い国で受け入れられているテストです。現在、130か国、10,000以上の機関が導入し、累計3,000万人以上がTOEFLテストを受験しています。TOEFL iBTテストは大学レベルの英語運用能力の測定が可能なテストで、学業において「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を複合的に使用できるかを測定します。


【団体概要】
国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部  Council on International Educational Exchange
代表  : 大竹 和孝
所在地 : 〒150-8355 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山
Tel : 03-5467-5501
Fax : 03-5467-7031
Webサイト : www.cieej.or.jp
創立 : 1947年本部 アメリカ・ニューヨーク州、1965年日本代表部 東京
事業内容 : TOEFL(R)テスト開発・運営元の米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)の委託を受けTOEFL(R)テストの広報活動、TOEFL ITP(R)テストの運営、教材の販売やライティング指導ツールCriterion(R)の提供を行うほか、海外交流事業では、主に大学生を対象とした海外ボランティアプログラム、短大や大学の委託を受け企画・運営している短期海外研修、教職員を対象とした研修などを通して年間約3,000名の派遣や受入を行っています。2015年にCIEE日本代表部設立50周年、海外ボランティアプログラム開始以来20周年を迎えました。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。