logo

米大手 会計税務コンサルティングファーム プラントモラン 9月に日本法人設立

Plante & Moran, PLLC 2017年08月31日 14時00分
From Digital PR Platform


会計・税務のコンサルティングファームの米大手、プラントモラン(本社:米ミシガン州サウスフィールド、代表:ジム・プロピ Jim Proppe)は、この度、2017年9月に日本法人 合同会社プラントモラン・ジャパンを設立することを発表いたしましたのでお知らせします。

プラントモランは、1924年に創立された米国ミシガン州サウスフィールド市に本社を置く会計・税務・コンサルティング事務所で、特に製造業・流通業向けサービスにおける豊富な経験と知見で知られています。現在、米国・メキシコを中心に120社を超える日本企業の海外拠点の会計・財務をサポートしており、グローバルでは、7,000を超える企業に専門サービスを提供しています。
 
この度日本法人を設立するにあたり、日本事務所代表の蔵持 雄介は、次のように抱負を述べています。「今後、日本の少子高齢化とともに、さらにグローバル展開を加速させる製造メーカーの海外事業拡充のサポートを、会計・税務・事業運営面からきめ細かく行うことが求められています。そうした状況において、プラントモランが適切・適時な支援を実施できる体制を強化するため、日本法人設立の運びとなりました。」
 
日本法人は、9月に東京都千代田区麹町にオフィスを開設し、事業をスタートする予定です。

以上

【プラントモラン(Plante Moran)とは】
米国フォーチュン誌の「最も働きやすい会社100社」に過去19年連続してランクインされている米国を代表するプロフェッショナル・ファーム。「他者への貢献(ゴールデン・ルール)」をコーポレートミッションとして北米・メキシコを中心に会計・税務・経営コンサルティングを提供しています。現在、アメリカ・メキシコ・中国・インドに2,474名(2017年8月現在)のスタッフを擁し、事業を展開しています。
詳細は、下記のウェブサイトをご覧ください。
■日本語:
リンク
■英語:リンク

【本プレスリリースおよびプラントモランに関する問い合わせ先】
合同会社プラントモラン・ジャパン
蔵持 雄介 yusuke.kuramochi@plantemoran.com / (1)+248.375.7474
山本 泳吾 eigo.yamamoto@plantemoran.com / (1)+248.223.3543

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。