logo

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2017 を受賞

東京エレクトロン デバイス株式会社 2017年08月31日 11時01分
From PR TIMES

Internet of Things (IoT) アワード部門 最優秀賞

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、日本マイクロソフト株式会社(東京都港区、代表取締役社長:平野 拓也)の「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2017」において「Internet of Things (IoT) アワード」を受賞しました。



[画像: リンク ]

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤーは、マイクロソフト製品に対する高い技術力と豊富な実績をもつマイクロソフト パートナーネットワーク参加パートナー企業を対象とし、特に優れた実績を築き上げ、お客さまからの厚い信頼を獲得したパートナー企業を選出するものです。

この度TEDが受賞した部門の概要は以下の通りです。

【受賞内容】
Internet of Things (IoT) アワード部門 最優秀賞

【アワード概要】
エンタープライズ クラスの顧客企業と共に Azure ベースの IoT (Internet of Things、モノのインターネット) ソリューションの開発、設計、展開に取り組んだパートナーを表彰。


日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長 高橋美波氏のコメント
この度の東京エレクトロン デバイス株式会社様の「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2017」 Internet of Things (IoT) アワードの受賞を心よりお祝い申し上げます。
東京エレクトロン デバイス株式会社様は、幹事企業様として「IoTビジネス共創ラボ」のコミュニティを設立、当初の目標を大きく超える 327 社の一般会員の皆様にご参加頂き、Azure IoT ビジネスの普及と拡大に大変貢献されました。また「IoT ビジネス共創ラボ」で培われた経験とナレッジを活かし、Indirect CSP Provider として新規リセラー様を強力にサポートをし、新規顧客の開拓、新規案件の創出にも貢献をされています。特に TED オリジナル『Azure IoT PoC キット』を製品化することで多くのお客様へのスピーディーな IoT の導入と 80% という高い受注率を実現し、素晴らしい実績を残されました。
今後も東京エレクトロン デバイス株式会社との強力なパートナーシップを通じて、Microsoft AzureやMicrosoft 365などマイクロソフトテクノロジを活用したお客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 常務 パートナー事業本部長
高橋 美波

TEDはクラウドIoTを検討されるお客様に対して、パートナー各社との協業によるクラウドIoTソリューションの提供、IoTをスピーディーに開始するための『Azure IoT PoCキット』の販売、IoT初心者から上級者までを対象とした各種ハンズオントレーニングの実施など、各種支援やサポートを行っています。今後もデバイス商社ならではの技術力で、Microsoft AzureによるIoTの実現をエッジデバイスからクラウドまでサポートしてまいります。

TEDが提供するマイクロソフトIoTソリューションについて
リンク

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2017について
リンク


東京エレクトロン デバイス株式会社について
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL:リンク

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室 堀田・平
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム:リンク

<TEDが提供するマイクロソフトソリューションに関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社
IoTカンパニー エンベデッドソリューション部
Tel:045-443-4021
お問い合わせフォーム:リンク

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。