logo

訪日中国人を中心に利用が拡大する「WeChat」アプリを活用した空港情報の提供を開始

中部国際空港株式会社 2017年08月30日 16時45分
From PR TIMES

~9月1日から11月30日まで期間限定で空港店舗の商品情報やお得なクーポンを提供~

中部国際空港株式会社(本社:愛知県常滑市、代表取締役:友添雅直)は、増加する訪日中国人への情報提供の充実の一環として、中国系SNSアプリ「WeChat(微信)」を活用した空港内店舗の情報提供を2017年9月1日(金)から11月30日(木)までの期間限定で実施いたします。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


「WeChat(微信)」プロモーション概要   
■概  要:
 「WeChat(微信)」のシェイク機能又はQRコードの読取により、専用のWEBページをご案内し、訪日中国人のお客様がよく好まれるメニューや商品情報等をクーポンと併せて提供。
■主たる対象:
 空港島内の4ホテル*の宿泊者
■期  間:
 2017年9月1日(金) ~ 年11月30日(木)
 ※訪日中国人旅客が多くなる国慶節(10月1日~8日)を含む3か月間
■案内場所:
 空港島内の4ホテル 及び 海上アクセス連絡通路
■配信情報:
 各店舗の主な商品・メニュー、店舗情報など
■対象店舗:
 旅客ターミナルビル内の商業店舗31店及び制限エリア内免税店

[画像3: リンク ]

<ご参考>
◆「WeChat(微信)」について
 独自のSNSが発達している中国において最大のシェアを誇り、日本では「LINE」に相当するアプリ。機能面では、LINEと比べてWeChatの方が若干機能が豊富であり、中国の国民性に合わせて「リアルタイム」と「利便性」を重視した機能が揃っている。
◆ シェイク機能について
 スマートフォンを振ることで情報を得られる機能。情報は、Bluetooth通信技術を用いて電波を発するビーコンから発信される。
◆WeChat Payについて
 「WeChat」内から利用できる決済サービス。中国国内約30万店で導入されていると言われており、セントレアでも今年7月より取り扱いを開始している。
(参考)中国人向けモバイル決済サービス「Alipay」・「WeChat Pay」の取扱を開始
    リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]