logo

IoT機器のセキュリティを強化する「セキュアIoTプラットフォーム(R)」をウェアラブルIoTブランド「hamon(R)」を展開するミツフジが採用

SBT 2017年08月30日 13時40分
From PR TIMES

~電子認証による安心安全なIoT機器管理の実現~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下、SBT)、サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利、以下、サイバートラスト)、ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊東 達雄、以下、ML)は、米ラムバスと基本合意した「セキュアIoTプラットフォーム(R)」が、ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩、以下、ミツフジ)の提供するウェアラブルIoTブランド「hamon(R)」に採用されたことを発表します。



今回の「セキュアIoTプラットフォーム(R)」の採用により、「hamon(R)」における機器の特定・認証および取得データの安全な収集・管理が強化されます。

今後、3社とミツフジは、2018年初頭にリリース予定となる「hamon(R)」のWi-Fi型トランスミッタへの「セキュアIoTプラットフォーム(R)」の実装に向けて、開発を行ってまいります。


[画像1: リンク ]


「セキュアIoTプラットフォーム(R)」の採用
ミツフジは、繊維からクラウドまでをトータルで提供するウェアラブルIoT企業です。西陣織の技術から生まれた銀メッキ導電性繊維「AGposs(R)」の開発・製造・販売から、ウェアラブルIoTブランド「hamon(R)」を中心としたトータルサービスによる、従業員体調管理、健康経営管理など、極めて高い機密性が求められる個人情報を扱うソリューションを提供しています。
「hamon(R)」では従来、着衣型生体センサーから取得したデータを、Bluetoothによりスマートフォン経由でクラウドに収集していましたが、今後リリースされるWi-Fi型トランスミッタによって、スマートフォンを経由せずに直接クラウドにデータを送れるようになり、より幅広い環境で、柔軟な利用が可能となります。
その一方で、外部ネットワークからの脅威を防ぐため、脆弱性の対応としてソフトウェア更新や端末認証などのセキュリティ強化の仕組みが必要になります。

今回、「セキュアIoTプラットフォーム(R)」によって、Wi-Fi型トランスミッタの製造段階から電子認証情報をセキュアに格納し、認証システムと連携することで、真正性の確認が取れている機器へのみクラウドサービスを提供できるようになるほか、OTA(Over the Air)で、更新ソフトウェアが安全に配信される仕組みを実現します。

「Microsoft Azure」の採用
本システムでは、高い信頼性と柔軟性に注目し、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム 「Microsoft Azure」を採用します。これに伴い、2017年9月1日開催の日本マイクロソフト株式会社主催「Japan Partner Conference 2017 Tokyo ~ Inspire Japan!」東京会場のキーノートで本システムについて発表を行います。

今回の発表に際して、日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 高橋 美波 氏は
「ミツフジ様の最先端のウェアラブルデバイスとソフトバンク・テクノロジーグループの安心安全なIoTプラットフォームの融合により、日本発のIoTビジネスのイノベーションが起こることに期待いたします。また当社もMicrosoft Azureによりこのサービスの実現に貢献できることをうれしく思います」と語っています。


「セキュアIoTプラットフォーム(R)」の詳細説明
セキュリティ機能をクラウドサービスとして提供することで、電子証明書による厳格なIoT機器の識別や認証が実現できます。これにより、IoT機器のファームウェアのアップデートやセキュリティパッチを、インターネットを介したOTA(Over the Air)で提供することができます。
さらに、ファームウェアやセキュリティパッチの開発者へコードサイニング(電子署名)用の証明書を配付することで、アップデートのデータそのものの真正性を確保することができ、IoT機器に対してウイルスなどのマルウェアを排除することができます。
これら一連の機能はクラウドサービスとして提供され、IoT機器の出荷後も実在確認やステータスをいつでも把握でき、またGPSなどとの連携によりリアルタイムな機器管理が継続的に可能となります。

[画像2: リンク ]



関連するプレスリリース:
IoT機器の統合管理基盤の提供に向けて米ラムバスと基本合意書を締結
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。