logo

GYAOとAmuseによる映画製作オーディション『NEW CINEMA PROJECT』の監督(オリジナル映画企画)部門グランプリ作品を発表

株式会社GyaO 2017年08月29日 18時27分 [ 株式会社GyaOのプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

~0歳から70歳までの出演者と主題歌を歌うミュージシャンも募集開始~

ヤフー株式会社(以下Yahoo! JAPAN)の子会社である株式会社GYAO(以下GYAO)と大手芸能事務所の株式会社アミューズ(以下Amuse)が共同で実施している映画製作に向けたオーディション「Yahoo! JAPAN 20周年企画『NEW CINEMA PROJECT』Powered by GYAO+Amuse」(以下『NEW CINEMA PROJECT』)の監督(オリジナル映画企画)部門の審査結果発表が8月29日(火)にGYAO本社にて発表となり、映画監督の文晟豪(Moon Sungho/ムン・ソンホ)さんと脚本の蛭田直美さんによる「五億円のじんせい(仮)」がグランプリに選ばれました。また、グランプリは逃したものの、小学生ながらに斬新な発想と見事なプレゼンテーションが審査員の目に留まり、のだすすむくん(11歳)の「新人小野」が急遽設定された審査員特別賞に選ばれました



[画像1: リンク ]

本企画は、GYAOとAmuseが、これからの時代を担う新たな才能の発掘を目指して共同開催しているもので、オリジナル映画の企画・出演者・ミュージシャンを広く公募するオーディションを開催し、選ばれた監督(オリジナル映画企画)・出演者・ミュージシャンを起用して1 本の映画作品を作り上げるという、業界でも異例のユニークな取り組みとなっています。

[画像2: リンク ]


第1弾の監督(オリジナル映画企画)の募集では、性別、年齢、国籍、プロやアマチュアといった区別は一切なく、規定の400字詰め原稿用紙1枚で応募できる参加しやすいオーディション形式だったこともあり、343作の応募が集まりました。審査員による選考の結果、最終的に映画監督の文晟豪(Moon Sungho/ムン・ソンホ)さんと脚本の蛭田直美さんによる「五億円のじんせい(仮)」がグランプリに選ばれました。そして、グランプリ作品を映画化するための出演者と、主題歌を担当するミュージシャンの募集が同日より開始いたしました。なお、出演者募集に関しては応募資格が0歳から70歳までの男女という独自な募集形式となっております。また、出演者募集に関してはファミリーマートの「ファミマフォト」(※)を利用して応募していただくと、ファミマフォトエントリー限定特典がございます。
出演者とミュージシャンの決定は2018年1月を予定しており、映画完成は2018年度を目指して進行していく予定です。
[画像3: リンク ]


『NEW CINEMA PROJECT』概要
【応募サイト】
URL: リンク


【監督(オリジナル映画企画)グランプリ】

「五億円のじんせい」(仮)
監督:文晟豪(ムン・ソンホ/映画監督)
脚本:蛭田直美(脚本家)

<ストーリー>
幼少期、善意の募金5億円により難病から命を救われた少年。健康に成長し高校生になった彼は、五億円にふさわしい人生を送るべく、周囲からの期待や、マスコミに晒される窮屈な青春を送っていた。
ある日、とある出来事をきっかけに彼は生きる意味を見失い、SNSで自殺を宣言。
そこに、見知らぬ誰かからメッセージが届く。「死ぬなら、五億円返してから死ね」
家を飛び出し、お金と人生に向き合う初めての旅が始まった。

<受賞のことば>
「授賞できて大変光栄です。一次通過をしたのが14人ということで、作品をサイトで見たのですが、選ばれるだろうなと思ってました(笑)チームの人が他にいなかったので、倍の能力使っているのに負けたら寂しいなって。思い通りになって良かったです」(文さん)

「ありがとうございました。(彼が)生意気な口きいてすいません(笑)彼が大好きで、仲が良すぎてケンカをたくさんするんです。朝まで電話で語ることもあります。彼といつか仕事がしたかったので、チャンスを頂きありがとうございました」(蛭田さん)


【審査員特別賞】

「新人小野」
のだすすむ(小学生)

<ストーリー>
「ロボットの存在が浸透した近未来。
大人たちはロボットを“新人”として人間関係などにおけるさまざまな問題のシミュレーションに利用していた。
ある日、不登校になる子供の実情を解明するため、小学校に“新人小野”が送り込まれる。小野の正体を知らない子供たちは、大人の思惑通り小野を不登校に追いやっていった。しかし、唯一の友人、住田は...。
ロボットと子供の切ない友情の物語。」


<受賞のことば>
「もともとなかった特別賞をわざわざ作ってもらい、この作品が授賞できたことは、心の底から嬉しいです。今回の授賞は思ってもいないことでした」(のだくん)


【第二弾 メインキャストを含めた出演者募集】
募集期間:2017年8月29日(火)~ 10月15日(日)23:59
正賞:第一弾グランプリ企画映画「五億円のじんせい(仮)」に出演決定
副賞:金50万円

グランプリ受賞者は、メインキャストを含めその他さまざまな役にて出演の可能性がございます。
※応募資格…0歳~70歳[な中元1] の男女。
現在、芸能プロダクションおよびレコード会社等の契約がなく、2017年10月以降、株式会社アミューズと専属契約を結ぶことができる方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

※1「ファミマフォト」エントリーについて
手順1-1.ファミリーマート公式アプリ「Famiポートアプリ」の「ファミマフォト」で応募に使用するプロフィール写真をアップロードし、10桁のプリント番号を取得する。
手順1-2.ファミリーマート・サークルK・サンクスに設置のマルチコピー機で、「ネットワークプリント」メニューを選択し、プリント番号を入力し、プロフィール写真をプリントする(L判1枚30円)
手順2. 同じくマルチコピー機の「ファミマプリント」メニューで専用番号「FNCP076001」を入力し応募用紙をプリントする(1枚70円)
手順3.必要事項を記入して下記応募先に郵送する(10月15日(日)必着)

【Famiポートアプリ詳細】リンク

ファミマフォトエントリー限定特典
(1)写真エントリーはファミマフォトだけ!※その他の応募は動画でのエントリーとなります
(2)映画のエキストラに優先的に参加できる!※交通費などは自己負担となります
(3)“公開前に映画が観れる”最速試写会に抽選でご招待!

※(2)(3)の詳細に関しては応募者の方に別途、御連絡させていただきます。


【第三弾 ミュージシャン募集】

募集期間:2017年8月29日(火)~ 10月15日(日)23:59
正賞:第一弾グランプリ企画映画「五億円のじんせい(仮)」の主題歌や音楽に起用
副賞:金50万円

グランプリ受賞者は、映画の音楽を手がけていただきます。主題歌やサウンドトラックなどさまざまな可能性がございます。
※応募資格…バンド、シンガー・ソングライター、楽器奏者、アイドル、ラッパー、トラックメイカーなど、年齢性別・形態を問わずに応募可。
現在、芸能プロダクションおよびレコード会社等の契約が無く、2017年10月以降、株式会社アミューズと専属契約を結ぶことができる方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。


【募集・審査の流れ】
2017年8月29日~10月15日「出演者」「ミュージシャン」応募受付開始
2017年11月1日 「出演者」「ミュージシャン」第一次審査結果発表
→通過者は二次審査へ※課題動画および課題音源の提出が必要です
2017年12月11日「出演者」「ミュージシャン」第二次審査結果発表
2018年 1月「出演者」「ミュージシャン」最終審査結果発表
2018年度 映画作品完成予定

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。