logo

KDL、国内シェアNo,1のインフォテリア社と「EAIツール」パートナーに WEBサービスやSNS上の書き込みとのデータ連携、複雑なシステム連携も可能に

株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉 一郎、以下 KDL)は8月29日、インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、以下インフォテリア社)とASTERIAサブスクリプションパートナー契約を締結し、インフォテリア社が提供するサービス「ASTERIA WARP Subscription Core」「ASTERIA WARP Subscription Core+」の販売を開始しました。

KDLではこれまでもインフォテリア社が提供するEAIツールを活用した事例が多々あり、インフォテリア社からのお声がけにより、ASTERIAサブスクリプションパートナー契約を締結するに至りました。

■「ASTERIA WARP Core」とは

「ASTERIA WARP Core(アステリア ワープ コア)」とは、EAI(※1)ツールで国内シェアNo,1を誇るインフォテリア社が提供するEAIツールです。大規模連携かつ大量のデータを取り扱うため導入が高額になりがちなEAIツールですが、「ASTERIA WARP Core」は中小企業向けに基本機能に絞って月額3万円から提供されており、導入しやすいのが特徴です。

  ※1 EAI(Enterprise Application Integration)とは
    異なるシステムを連携し、データやプロセスを統合することを指します。

■「ASTERIA WARP Core」×KDL でWEBデータ連携を

「ASTERIA WARP Core」とKDLが提供するWEBサービスと連携し、お客様企業の更なる競争優位性を確立します。
WEBサイト制作やGoogleAnalytics導入支援、クラスタリングオートメーションツール「nosy」、ECサイトのための検索サービス「sui-sei」などとの連携に加え、販売系システムのRDBやファイル、TwitterやfacebookなどSNSの投稿内容などありとあらゆるWEB上のデータ連携領域をカバー。WEBアクセス集計の自動化やCRM領域での顧客データ・ECサイトのデータ同期など、複雑なシステム間連携も可能です。

■今後の展望

関西地方で「ASTERIAサブスクリプションパートナー」企業はまだ少ないため、KDLの技術力やさまざまなサービスとの連携を生かして販売開始いたします。
また、KDLが提供するWEBサービス連携をテンプレート化し、同ツール上で利用できるアダプターとして公開することで、KDLサービスの認知度向上、ツール利用企業の満足度向上にも繋がればと考えております。

■販売金額

「ASTERIA WARP Subscription Core」  月額3万円~(税別)
「ASTERIA WARP Subscription Core+」 月額6万円~(税別)


【会社概要】
 社名 : 株式会社 神戸デジタル・ラボ
 代表者 : 代表取締役社長 永吉一郎
 所在地 : (本  社)〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
       (東京オフィス)〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-1-1 ヒューマックス恵比寿ビル
 設立 : 1995年10月
 資本金 : 2億995万円
 従業員数 : 163名(2017年6月現在)
 URL : リンク

【本件に関するお問い合わせ先】※取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
 株式会社 神戸デジタル・ラボ
 担当 :ソリューション本部 アパレル&リテールセクション 柏原(かしはら)
 TEL :078-327-2280
 E-mail :info@kdl.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。