logo

twenty3.tvがFIMアジアスーパーモト選手権2017年シーズンをストリーミング配信

E-Plus Global Sdn Bhd 2017年08月29日 14時49分
From 共同通信PRワイヤー

twenty3.tvがFIMアジアスーパーモト選手権2017年シーズンをストリーミング配信

AsiaNet 69807 (1285)

【クアラルンプール(マレーシア)2017年8月29日PR Newswire=共同通信JBN】2017年のFIMアジアスーパーモト選手権(FIM Asia SuperMoto Championship)シーズンがアジアに帰ってきた。世界最高のスーパーモトライダーが今年の地区チャンピオンタイトルをかけて競い合う。2017年9月2、3日、タイ・ナコーンチャイシー郡のモータースポーツ・サーキット・コンプレックスで選手権シーズンが開幕するが、twenty3.tvがライブストリーミング配信するため、世界のモータースポーツファンが大会を楽しめる。

アジア・スーパースポーツ・グループ(Asia Supersports Group)のサテスワラン・マヤチャンドラン最高経営責任者(CEO)は「2017年FIMアジアスーパーモト選手権は、国際トップライダー、メーカーが究極のタイトルを目指して戻ってくるので、より厳しいものになる。今年、世界のファンはアクション満載のスーパーモトレースに迎えられる」と語った。

マレーシア・メジャーイベント(Malaysia Major Events)のゼネラルマネジャー、トニー・ナガマイア氏はシーズン帰還の喜びを表現し、「FIMアジアスーパーモト選手権は、国際モータースポーツシーンのハブとして、マレーシアの評判が高まる促進剤になってきた。アジア・スーパースポーツ・グループはチャンピオンシップを通じて、各主催国のエージェンシーと政府機関を結びつける架け橋になっている。私は2017年シーズンの進展を楽しみにしており、選手権がマレーシア観光の成長拡大につながると確信している」と語った。

このスーパーモトシーズンには、トップ級国際スーパーモトライダー19人が集結し、母国の名誉をかけて戦う。2015年シーズンのチャンピオン、タイのトラカン・タンソンがレースに復帰するが、マレーシアの後継チャンピオン、ムード・ハビブラ・ビン・サレからのタイトル奪還を断言している。

OTT チャンネルの公式パートナー、E-Plus Globalが運営するtwenty3.tvはHDライブストリーミングとビデオ・オンデマンド(VOD)のスポーツおよび関連ライフスタイル・コンテンツを提供する。今年のFIMアジアスーパーモト選手権の全ラウンドはtwenty3.tv経由でライブストリーミングされ、レースのVODとハイライト番組も配信される。

2017年のFIMアジアスーパーモト選手権のグランドフィナーレはマレーシアのクアラルンプールで開催される。

選手権シーズンの全てはwww.twenty3.tvでストリーム配信される。

FIMアジアスーパーモト選手権は、Bikenation Motorsports Sdn Bhd、Trade My Superbike、E-Plus Global Sdn Bhd3社のコンソーシアムであるアジア・スーパースポーツ・グループがプロモートし、FIM アジアの認可を得て、マレーシア観光・文化省の1機関であるマレーシア・コンベンション&エキジビション・ビューローの1部門、マレーシア・メジャーイベント、およびKelab Blogger Ben Ashaari、X Sportsが後援している。

ソース:E-Plus Global Sdn Bhd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]