logo

DMM.com、OKI、北陸人材ネット、障がい者の活躍の場を広げるリモートワーク推進で協業

OKI 2017年08月29日 10時21分
From PR TIMES

株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長:片桐孝憲、以下 DMM.com)と株式会社北陸人材ネット(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:山本均、以下 北陸人材ネット)およびOKIグループの特例子会社(注1)である株式会社沖ワークウェル(社長:津田貴、本社:東京都港区、以下 OKIワークウェル)の3社は、このたび、障がい者の活躍の場を広げるためのリモートワーク推進で協業を開始いたします。

障がい者のリモートワーク拡充には、それぞれの障がいや体調、仕事面でのスキル、マインドなどを把握し、スムーズに業務を推進していく「コーディネーター」の採用育成が課題となっています。今回、3社協業取組みの第一弾として、障がい者のリモートワーク拡充のカギとなるコーディネーター職の採用育成をテーマとした学生向けのインターンシップを、8月29日より一週間実施いたします。

OKIワークウェルは、2004年に設立された障がい者雇用を専門に行うOKIグループの特例子会社です。OKIワークウェルはいち早く在宅勤務制度を取り入れ、現在全国21都道府県で、高度なITスキルを持つ重度障がい者49名が在宅で仕事をしています。一方DMM.comは、グループの開発会社であるDMM.comラボ社において2014年より身体障がい、精神障がいの方を40名(うち在宅勤務者30名)、主に北陸に居住している方を中心に雇用しています。北陸人材ネットは金沢市に本社を構える人材コンサルティング会社で、人材育成や採用コンサルを実施しています。

今回の協業によりOKIワークウェル、DMM.comラボのそれぞれの知見をシェアするとともにより多くの障がい者のリモートワークの場を広げるスキームを構築することを目指します。さらに将来的にはこのノウハウを使って他社へのコンサルを実施し更なる障がい者の活躍の場を広げることを目指してまいります。

インターンシップの概要
期間:平成29年8月29日(火)~9月5日(火)
参加者:金沢星稜大学、金沢工業大学、石川県立大学の4名の学生
テーマ:「採用コンサルを体験!人材確保に困っている企業に採用スキームを提案せよ!」
活動概要:本インターンシップでは、クライアントとなるOKIワークウェルに対し、4名の学生にコーディネーター採用におけるコンサルティングを行っていただきます。
スケジュール:
・8月30日(水)OKIワークウェル訪問
会社について、コーディネーターの職務について理解するとともに、人材ニーズをヒアリングし具体化する。
・8月31日(木)DMM.comラボ訪問
障がい者雇用について更なる理解を深めるとともに、コーディネーターの採用育成に成功している事例について情報収集し、クライアントへの提案の質を上げる。
・9月5日(火)最終プレゼン
15時~16時30分 北陸人材ネットにて実施
クライアントの求めている人材ニーズの明確化と、そのような人材を採用育成するにはどのような手法が有効であるかのプレゼン提案。
(上記2社訪問時以外の活動拠点は、北陸人材ネットオフィスとなっております。)

用語解説
注1:特例子会社
「障害者の雇用の促進等に関する法律」に定める、障がい者の雇用に特別の配慮をした子会社のこと。


沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
株式会社沖ワークウェルは、通称をOKIワークウェルとします。
本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
DMM.com 広報部
電話:03-5797-8926
北陸人材ネット
電話:076-264-3367
OKI 広報部
電話:03-3501-3835

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]