logo

アフターフォローが評判の和不動産公式サイトにて「老後破産 徹底対策」ページを開設

株式会社和不動産 2017年08月27日 10時28分
From PR TIMES

~今からでもできる老後破産への現実的な解決策をご紹介~

何かと問題になっている老後の生活破綻に対して、アフターフォローが評判の和不動産は公式サイト内に「老後破産 徹底対策」ページを開設いたしました。
老後の生活を破綻させないために、ワンルームマンションを活用した対策をご紹介。誰にでも起こり得る「老後破産」の現実と、そうならないための対策を都心築浅中古ワンルームマンションを活用した方法でご提案いたしております。




[画像: リンク ]



 アフターフォローが評判の株式会社和不動産(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:仲宗根 和徳、以下 和不動産)が、老後破産への対策を詳しくご紹介した特設ページを開設いたしました。


<コンテンツ本文より1部抜粋>

 多くの人が「60歳になったら、仕事は程々にして悠々自適に暮らしたい」と考えていると思います。そして、『老後破産』や金融資産をほとんど持たない『下流老人』と呼ばれて、問題視されている高齢者の貧困は他人事のように思っているはず。しかし、誰もが老後破産に陥る危険性をもっていることはわかっていないのです。

~中略~

 生命保険文化センターが発表した「平成25年度生活保障に関する調査(速報版)/老後を夫婦2人で暮らしていく上で必要と考える費用の調査」では、夫婦がゆとりある老後を過ごすために必要な生活費は、月額35.4万円とされています。

 これに対して現在、標準的な公的年金の受け取り額は、夫婦合わせて月額22.1万円です。そのため、公的年金だけでは、毎月13.3万円の赤字ということです。

 65歳男性が平均余命(約19年)を全うするとすれば、13.3万円☓12(カ月)☓19(年)=3032.4万円となります。つまり、夫婦の生活費は総額3000万円超も不足する計算です。しかも今後、国の厳しい年金財源から年金が減額されることも十分にあり得ます。さらに、60歳で定年退職し、年金が支給される65歳までの生活費は、別に用意しなければなりません。

 世帯主や配偶者が要介護状態になった場合に、さらに深刻な事態が待ち受けています。生命保険文化センターの調査によると、公的介護保険の範囲外で必要と思われる資金の総額は平均3308万円にも上り、有料老人ホームへの入居や住宅のリフォームなどさらに快適な生活を望めば、それでは済まないことがわかります。

こうした状況で、どうすれば老後破産に陥らず悠々自適に暮らせるでしょうか。


 これらの状況に対して、今からできる現実的な方法として都心築浅中古ワンルームマンションを活用した対策をご提案しております。是非ご一読いただき、みなさまの老後の対策に少しでもお役立て頂けましたら幸いです。


【老後破産 徹底対策】
都心築浅中古ワンルームマンションを活用した老後破産対策をご提案
リンク

【セミナー情報】
和不動産代表・仲宗根も講師を務める不動産投資セミナーを毎週金・土・日に開催しています。
詳細は下記よりご確認ください。

セミナー情報URL:リンク

【相続税対策特設サイト】
相続税対策のお役立ち情報満載


リンク

【N-RICOS特設サイト】
データを可視化して不動産投資の不安を払拭
和不動産だけの不動産投資システム
リンク

【マンション経営.東京】
東京都でのマンション経営に関する情報をお届け
リンク

<運営会社>
社 名:株式会社 和不動産(なごみふどうさん)
設 立:昭和53年10月
資本金:1,500万円
代表者:仲宗根 和徳
免許番号:東京都知事(9)第45405号
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。