logo

学生と地域との交流を深め、ボランティアや講義を通して子どもとの関わり方を体験的に学ぶ -- 札幌大学の子育て支援イベント

札幌大学 2017年08月22日 08時05分
From Digital PR Platform


札幌大学・札幌大学女子短期大学部では、地域の乳幼児や小学生とその保護者を対象とした「子育てサロン」や「お楽しみ会」などの各種イベントを定期的に開催。学生たちが主体的にイベントの企画、運営などに携わることで、課題発見力・解決力などの実践的な能力を体得している。また、地域社会や他者と協働しながら取り組むことにより、コミュニケーション力や地域貢献への意欲を高める貴重な機会にもなっている。


 札幌大学は地域貢献活動に寄与し、学生と教職員と地域社会が協働する地域に根付いた大学づくりを進めている。
 課外のボランティア活動のほか、学生が地域社会との関わりから体験知を獲得し、地域に貢献する実践力を養う「ボランティア概論・実習」や「NPO論」、短大の「地域社会実習・演習」などの科目も設けている。

 各活動や授業の中で、地域の方々が参加できるイベントの企画、運営などを学生が主体となって行っており、中でも子ども向けのイベントは定期的に開催してきた。
 これまでに、近隣の児童会館を利用する小学生向けの遊びのイベントや、夏休み・冬休みを利用した工作会、乳幼児を対象にした遊びながら英語で季節のイベントを楽しむバイリンガルのお楽しみ会などを開催。どのイベントも継続的に実施し、毎回多くの方々が参加している。
 さらに2015年からは、地域の乳幼児親子が自由に集える「子育てサロン」を開催し、乳幼児親子と学生との交流・サポートを通じ、学生が子育て支援を体験するプログラムを展開している。

 また、今年3月には「子育てサロン Stove(ストーブ)」をキャンパス内に開設。学生たちの生きた学びの場かつ、子どもの成長をサポートする、総合支援型の子育てサロンとして、これらのイベントの開催などにも活用されている。

◆子育て支援・地域交流イベント(例)
・子育てサロン
・バイリンガルのお楽しみ会
・小学生対象の夏休み・冬休み工作会
・「札大のお兄さんお姉さんと遊ぼう!」(児童会館)
・「放課後遊びのサポート」(児童会館)

※「子育てサロン:Stove」は、文部科学省による「平成28年度私立大学等改革総合支援事業」支援対象校に対し交付される「私立大学等教育研究活性化設備整備事業」ならびに「私立大学等教育研究施設整備費補助」により整備の一部が賄われています。

●「Stove」の詳細は下記を参照
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 札幌大学経営企画室(広報)
 TEL: 011-852-9190
 FAX: 011-856-8290

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]