logo

民泊新法に対応した自動チェックインが可能なアプリの無料提供を開始

メトロエンジン株式会社 2017年08月21日 09時31分
From PR TIMES

民泊新法、簡易宿所、特区民泊の無人自動チェックインに完全対応します

ユーザー数、機能数、利用実績で国内No.1の民泊運営管理ツール「民泊ダッシュボード」を展開するメトロエンジン株式会社(東京都港区、代表取締役:田中良介)は、宿泊事業者向けにタブレット端末にインストールできる自動チェックインが可能になるアプリの提供を「無料」にて開始致します。



2017年8月18日の日本経済新聞には民泊新法施行を鑑み、本人確認の手法として3つの手法について言及があり、無人での確認手法例として「部屋にタブレットやスマホなどの電子端末を起き、テレビ電話を通じ確認する」と紹介されました。

手動や対面での本人確認には、膨大な人件費が発生するため、今後の民泊運営における収益効率化には「自動チェックイン」機能がスタンダードとなることが予想されます。メトロエンジンでは、1年以上にわたり民泊運営管理ツール「民泊ダッシュボード」を民泊ホストや民泊代行業者向けに提供しておりましたが、2017年10月より、民泊新法に対応した自動チェックインアプリを民泊ホストや宿泊事業者向けに無料で提供することで、より一層、ユーザーに付加価値のあるサービスの提供を目指していきます。

サービス名:

「本人確認&自動チェックイン」


「本人確認&自動チェックイン」アプリをご利用のタブレット端末にインストールしていただき、物件登録をしていただくだけで、ご利用が開始できます。既に保有しているタブレットを利用とすることで、レンタルや月額費用など支払う必要がなく、お手軽にご利用ができるものとなっております。

主な機能:

テレビ電話本人確認
本人確認業務の委託
本人認証機能
AirbnbやBooking.comなどOTAとの宿泊予約情報と自動連携
本人確認後、各種スマートロック解錠に必要な鍵の発行
宿泊者名簿の自動作成
多言語対応
パスポート情報取得機能
ハウスマニュアル表示
民泊ダッシュボード内の「メトロチャット」との自動連携(ゲストとの会話も端末を通して可能に)
「民泊ダッシュボード」と連携されているため、IOTセンサーでの騒音管理や、スマートロックの管理なども可能になります
iOS版、Android版ネイティブアプリ


メトロチャットスクリーンショット(管理画面):
[画像: リンク ]


詳細なご利用方法や各種機能については10月中に公開させて頂く予定です。

メトロエンジン株式会社について

メトロエンジン株式会社は、民泊事業者向けに民泊やマンスリーなど物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール「民泊ダッシュボード」を提供しています。ホテル・旅館向けには、リアルタイムのビッグデータから人工知能・機械学習を活用し客室単価の最適化設定を行うレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」を提供を行うなど、宿泊事業者向けのサービスを展開しています。

「民泊ダッシュボード」
民泊など物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール
リンク

「メトロエンジン」
リアルタイムのビッグデータから人工知能・機械学習を活用し客室単価を導く世界初のレベニューマネジメントツール。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。