logo

日本初の水中ドローン専業メーカーである「株式会社空間知能化研究所」へ出資

Beyond Next Ventures株式会社 2017年08月21日 09時00分
From PR TIMES

小型・低価格で深海耐性を持つ、水中ドローンの開発・製造を手掛ける筑波大学発ベンチャー

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤毅、以下「当社」)は、当社が運営するファンドを通じて、筑波大学発ベンチャーで水中を探査するロボット(水中ドローンの)開発・製造を行う、株式会社空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、代表取締役:伊藤昌平、以下「空間知能化研究所」)にリードインベスターとして出資を行いました。この度の出資は、三井住友海上キャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、及びフリービットインベストメント株式会社との協調投資によるもので、出資総額は1.9億円です。




[画像: リンク ]

空間知能化研究所は、水中ドローンの開発・製造を手掛ける筑波大学発ベンチャーです。小型・軽量で低価格でありながら、潮流の影響を受ける環境での調査や撮影も可能である点が、同社の開発する水中ドローンの特徴です。この度の出資を受けて、拡大が見込まれる水中インフラの維持・管理市場に向け、2017年11月から水中ドローンのレンタルサービスを開始するなど、業務用の水中ドローン提供を順次実施します。また、来春には国内外の顧客へ向けた販売開始を予定しています。

水中探査においては、ダムや港湾等の水中インフラ長寿命化を見据えた維持・管理の機運が高まる一方、潜水士が潜行できる深度は約40mであることから、従来の探査は、大型で高額かつ大規模船舶と多くの人員を必要とする遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)に頼らざるを得ないという課題が存在しました。空間知能化研究所の開発する水中ドローンは、本格的な潜行性能(300m)、鮮明な画像取得に必須となる姿勢制御機能を持ちながらも、小型・軽量、低価格であるため調査にかかる導入コスト、運用コストを数分の一に削減することが可能です。

当社は、空間知能化研究所が開発する水中ドローンが、国内外の構造物、インフラ、資源、生物の安全で低価格な調査の実施に貢献し、また将来的には人類未踏の深海探査を実現することに期待し、この度の出資を決定いたしました。

【空間知能化研究所について】
空間知能化研究所は水中を探査するドローンの開発・製造を手掛ける筑波大学発のベンチャーです。筑波大学第三学群工学システム学類を卒業し、ロボティクスの開発に重要な3領域、メカ・回路・組込みソフトウェアを一気通貫で開発できる技術バックグラウンドを持つ伊藤昌平氏(代表取締役)と、センサー、クラウドシステムの専門家であり筑波大学教授の中内靖氏(取締役会長)が2014年に共同創業しました。

空間知能化研究所が来春にリリースする水中ドローン「SPIDER」は、8つのスラスターを持ち、船上のPCとテザーケーブル1本で接続されます。操作はゲームパッドで行い、300mの潜行性能を持ち、バッテリ駆動で約4時間の稼働が可能です。最大の特徴はソフトウェアにあり、深度・姿勢を自動で維持できる機能や、画像処理による機体の位置保持機能を実装します。そのため、これまで困難だった潮流等の水の流れがある環境での調査をより簡単に実施できるようになります。

【Beyond Next Venturesについて】
Beyond Next Venturesは2014年8月に創業した、大学発・技術系ベンチャーへのインキュベーション投資に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。大学シーズの事業化支援から、ベンチャー投資、成長支援、EXITまでに渡る豊富な投資経験と優れた運用実績を有する、国内でも数少ない当分野におけるリーディングベンチャーキャピタルの1社であり、科学技術振興機構(JST)の大学発新産業創出プログラム(START)における事業プロモーターや、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発型ベンチャー支援事業に関するベンチャーキャピタルとして認定を受けています。2015年2月に組成した1号ファンド(総額約55億円)は、独立系ベンチャーキャピタルの1号ファンドとしては最大規模のもので、主に医療機器やロボット等の先端分野を投資対象としています。

また、2016年8月に複数の大手事業会社とともに立ち上げた、 “BRAVEアクセラレーションプログラム” を通じて革新的な技術の事業化を目指す大学や研究機関などの研究者/起業家に対し、経営人材候補とのマッチング、事業化実現のための知識・ノウハウと人材ネットワーク・成長資金を提供しています。 年間エントリー数が110件と、テクノロジーに特化したアクセラレーションプログラムでは国内最大規模です。現在、第3期プログラムにあたる、 ”BRAVE 2017 Winter” のエントリー(締め切り:2017年9月3日)を受け付けております。

BRAVEアクセラレーションプログラム “BRAVE 2017 Winter”
リンク


株式会社 空間知能化研究所 概要
本社      : 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学産学リエゾン共同研究センター棟201号室
代表者     : 代表取締役 伊藤 昌平
設立日     : 2014年6月
ウェブサイト  : リンク

Beyond Next Ventures株式会社 概要
本社      : 東京都中央区日本橋本町1-4- 3 日本橋ムロホンビル1
代表者     : 代表取締役社長 伊藤 毅
設立日     : 2014年8月
ウェブサイト  : リンク
代表 伊藤毅について 日本最大のベンチャーキャピタルである株式会社ジャフコにおいて産学連携投資グループリーダーを務め、CYBERDYNE株式会社、Spiber株式会社など数々の有力なテクノロジーベンチャーにリード投資を行い、社外取締役として支援するなど、大学発・技術系ベンチャーのインキュベーション投資に関して、豊富な経験と優れた運用実績を有しています。

<本件に関するお問い合わせ>
広報担当 宮川
E-mail:pr@beyondnextventures.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]