logo

日本初上陸!サービスアパートメントのプラットフォームMetroResidences

MetroResidences Japan株式会社 2017年08月15日 14時00分
From PR TIMES

サービスアパートメントを法人・ビジネスパーソンに紹介するプラットフォームMetroResidences(メトロレジデンス/本社:シンガポール、CEO:カン・ウェイ・レスター)が日本に上陸、東京の物件の予約受付を開始します。



MetroResidences Japan株式会社はオーナー様が都市部にお持ちのマンションを、サービスアパートメント(高級家具付きマンション)に変えて法人・ビジネスパーソン向けにマンスリーで紹介するサイトです。クオリティの高いサービスを提供し、立地、内装、機能性の高いマンションを厳選しています。その上で、ゲストには大手サービスアパートメントと比べ、20~30%*リーズナブルな価格でご提供いたします。
Web: リンク 
[画像1: リンク ]

「マンスリーマンション」、「家具付き短期賃貸」、「民泊サイト」との大きな違いとして、当サイトのサービスアパートメントはビジネス用にサービスを充実させています。定期清掃、アメニティー交換、フロントデスク、コンシェルジュなど、ホテルレベルのサービスが提供されます。

[画像2: リンク ]

主なゲストはグローバル企業の海外転勤者、国内企業の転勤者、研修員、外交官、大規模開発プロジェクトの企業関係者、スポーツイベントの関係者など様々です。シンガポールでは既に大手のコンサルティング・金融・航空企業や日系企業、政府機関などにご利用いただいています。
MetroResidencesは2014年にシンガポールで事業を開始し、3年間で急成長を遂げました。現在、600件*以上の物件が掲載され、800*社以上の法人顧客から115,000*泊以上ご利用いただいています。
当サイトでのユーザー体験向上のため、現在の予約状況を確認できる機能「ライブカレンダー」を一部の物件で開始しました。更に、業界の最先端を目指し、オンライン決済、スピーディーに物件を契約できる環境作りに取り組んでいます。
既に、日本の大手IT企業楽天株式会社から3億円以上、世界を代表するシードベンチャーキャピタル500 Startupsから約8,500万円の合計約4億円の出資を受け、アジアでの展開を加速しています。
その中で日本はMetroResidencesにとって初の海外進出先であり、今最も力を入れているマーケットです。
CEO兼日本代表のカン・ウェイ・レスターは次のようにコメントしています。「日本では既に多くのマンスリーマンションがありますが、弊社はホテルレベルのサービスを付加することで差別化を図りたいと考えています。マンスリーマンションよりワンランク上の滞在をビジネスパーソンにお約束いたします。MetroResidencesは2020年までに取扱い物件数国内No.1サイトを目指します。」

*社内統計

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。