logo

多様化する音声認識活用を強力に支援する、音声認識システム「vGate ASR2」を提供開始

~ さまざまな雑音環境下の認識精度の向上と管理機能強化による利便性を実現 ~

音声言語関連技術を提供する株式会社フュートレック(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:浦川康孝、以下、フュートレック)は、音声認識システム「vGate ASR」の進化版「vGate ASR2 powered by SpeechRec」を、2017年8月中旬より提供開始します。



 「vGate ASR2 powered by SpeechRec」は、NTTテクノクロス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:串間和彦、以下、NTTテクノクロス)が、2017年7月3日より提供を開始した高精度音声認識ソフトウェア「SpeechRec」の最新版をベースとして開発した音声認識システムです。
「SpeechRec」には、NTTグループが提供するAI「corevo(R)」を構成する音声認識技術が搭載されています。

 「vGate ASR2 powered by SpeechRec」は、従来の音声認識システム「vGate ASR」よりも音声認識精度がさらに向上し、CNN-NIN※1技術を採用することで、さまざまなノイズ環境下においても、より高精度な音声認識が可能となりました。
 今後、進化した「vGate ASR2 powered by SpeechRec」により、IoTやAIスピーカー、コミュニケーションロボットなど、多様化し拡大する音声認識活用を強力に支援します。
※1:CNN-NIN(Convolutional Neural Network and In Network)は、新しいNeural Network技術で、従来に比べ精度の高い学習ができます。

■「vGate ASR2 powered by SpeechRec」の特長
1.ノイズ環境下での音声認識性能がパワーアップ
 高精度音声認識により、車載、IoTやAIスピーカーなどにおけるさまざまなノイズ環境での音声認識のご利用が、さらに容易になりました。

2.サーバーの負荷監視(オートスケール)機能により管理者の負担軽減
 音声認識エンジンの利用率を監視し、あらかじめ設定した閾値を基にサーバーリソースを自動で増減させることも可能です。アクセス集中による音声認識機能が動作しないというリスクの軽減と、無駄なサーバーリソースの確保が不要となるため運用コストの削減につながります。

3.「vGate ASR」との互換性を維持
 既存の「vGate ASR」との互換性を確保していますので、当社の音声認識システムをご利用中のお客様も「vGate ASR2 powered by SpeechRec」への乗り換えが容易です。今までお使いいただいているクライアント側を変更することなくご利用いただけます。

 フュートレックは、今後も、音声認識関連技術の性能向上を加速し、より便利で使いやすいコミュニケーションテクノロジーを提供してまいります。

[画像: リンク ]

* corevo(R)は日本電信電話株式会社の登録商標です。(リンク
* SpeechRecはNTTテクノクロス株式会社の登録商標です。
* vGate、vGate ASR、vGate ASR2は株式会社フュートレックの商標または登録商標です。
* その他、記載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標の場合があります。

○営業関連のお問い合わせ先
株式会社フュートレック  TEL: 03-6206-4850
ホームページからのお問い合わせ リンク

○取材およびこのプレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社フュートレック  TEL: 03-6206-4850
ホームページからのお問い合わせ リンク

≪会社概要≫
会 社 名: 株式会社フュートレック
代 表 者: 代表取締役社長 浦川 康孝
設 立 日: 2000年4月17日
資 本 金: 7億2,357万円
業 務 内 容: 音声認識技術を利用したサービスの企画・提案、及びそれを実現するためのシステム設計

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事