logo

【タクシー事業者向け】LINEでの配車サービスを低価格で実現する『AI Chat Supporter for Taxi』をリリース

サイシード 2017年08月09日 11時55分
From PR TIMES

手軽にスマホ配車サービスを実現できる!

(株)サイシードは、タクシーの実働率向上を目的として、LINEでの配車予約を実現できるシステム『AI Chat Supporter for Taxi』を本日リリースしました。配車アプリと異なり、ドライバーに何かを覚えさせる必要がなく、月額15万円という低価格から導入することが可能です。



■タクシー業界を取り巻く課題
ご存知の通り、タクシー業界には「長時間労働」「低所得」「高齢化」という大きな課題が3つ存在しています。
これは売上げの大部分を「流し」に依存しているため、稼働率が低くなってしまうことが根本原因になっています。
時給が低い→長時間労働になる→キツい→若者が敬遠する
という悪循環に陥っています。

ここに、全産業平均とタクシードライバーの年収を、日本(東京)とアメリカ(ニューヨーク)で比較しました。
日本のタクシードライバーが産業平均よりも大幅に年収が低いのに対し、Uberのドライバーは平均を上回っています。
これは、稼働率を高めることがタクシードライバーの年収を大幅に向上させることに寄与することを示しています。
[画像1: リンク ]


■『AI Chat Supporter for Taxi』のサービス概要
リンク

『AI Chat Supporter for Taxi』はUberのようなスマホを使ったタクシーの配車サービスをLINE上で実現するシステムです。

日本の商習慣に合わせ、下記のようにローカライズをしています。

利用者はアプリをダウンロードすることなく、使い慣れたLINE上で完結
クレジットカードの登録も不要
ドライバーがタブレットやアプリの操作を覚える必要もない


その結果、今までの電話による配車を億劫に感じていたユーザーの利用が見込めます。

■『AI Chat Supporter for Taxi』の主な特徴

1.現状のオペレーションはそのままに
LINEによる配車リクエストはセンターで集約し、今までと同様に無線で運転手に伝えるので、運転手に新しいツールを覚えてもらう必要はありません。
[画像2: リンク ]



2.位置情報を利用
LINE上で地図アプリを利用した位置情報を送信することができるので、利用者は自宅前などの分かりにくい場所でも簡単に正確に位置を伝えられます。
[画像3: リンク ]



3.低価格で導入可能
既存のLINEを使うので、0からアプリを開発する場合と比べて、大幅に安く導入・運用することができます。
[画像4: リンク ]


■対象とする業態
タクシー・ハイヤーなどの一般乗用旅客自動車運送業
詳細な機能、デモについてはお問い合わせください。

【会社概要】
株式会社サイシード
代表者:代表取締役 中村 陽二
本社所在地:東京都新宿区西新宿7-5-25西新宿木村屋ビル15F
設立:2015年4月
事業内容:AIソリューション事業、広告・メディア事業、採用支援サービス、各種マーケティング事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。