logo

南阿蘇村に、寄付金を贈呈~本格焼酎「八代不知火蔵(しらぬいぐら)白水」を通じた復興支援

キリン株式会社 2017年08月09日 11時00分
From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 代野照幸)は、本格焼酎製造工場の「八代不知火蔵」(熊本県八代市三楽町)で製造している「八代不知火蔵 白水」の4月1日(土)~6月30日(金)の売上げ1本につき5円(200ml商品は1本につき1円)、総額1,272,575円を「ふるさと寄付金」として、8月9日(水)に熊本県阿蘇郡南阿蘇村(村長 吉良清一)に贈呈いたします。
今回の贈呈は、キリングループとして行っている「復興応援 キリン絆プロジェクト」として行うもので、南阿蘇村の「白川水源」の環境保全整備などを目的とした被災地の復興支援に活用されます。

■贈呈式の概要
・日時    2017年8月9日(水)  11:00~11:30
・実施場所  南阿蘇村役場 
        住所: 〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705番地1
        電話:  0967-67-1111(代表)
・出席予定者 南阿蘇村 村長 吉良 清一 様
       メルシャン株式会社 八代工場長 上田 渉
・贈呈金額   1,272,575円

当社は、熊本県八代市に所在する「八代不知火蔵」で「名水百選 白川水源水」を「割り水※1」として使用した「八代不知火蔵 白水」を製造・販売する焼酎メーカーとして、今後も南阿蘇村の復興を引き続きサポートしていきます。
※1焼酎原酒アルコール度数43度を製品として25度へ希釈する場合に使用する「水」。

●「八代不知火蔵 白水」について
メルシャン八代工場は昭和14年にアルコールの生産拠点として操業を開始しました。当時は周辺地域で原料となる甘藷栽培が盛んであり、港湾施設にも恵まれて海上輸送が活用できたことや操業に欠かせない水資源が豊富であったことなどが八代市に進出した大きな理由です。特に焼酎については、地元を代表する酒蔵でありたいという願いを込めて製造場を「八代不知火蔵※2」と命名し、唯一無二の焼酎造りにこだわった製品を生み出しています。多くの個性豊かな商品がありますが、代表的な銘柄はやわらかくまろやかな味わいの「白水」シリーズです。「仕込み水※3」に八代市を流れる球磨川伏流水を、「割り水」に熊本県阿蘇郡南阿蘇村の「名水百選 白川水源水」を使用した水にこだわり抜いた本格焼酎です。

※2八代海は別名不知火海とも呼ばれ、陰暦七月末ごろの夜、無数に見える火影(蜃気楼の一種)が浮かぶ海として有名ですが、その八代海が望める酒蔵という意味。
※3 焼酎の原料から蒸留までの工程で使用する「水」。

「八代不知火蔵」は、これからも豊かな自然に恵まれた八代の地から、みなさまのくらしに生かす価値を発信し、地域の発展に貢献していきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事