logo

味の素KK、「働き方改革」に役立つ『睡眠改善プログラム with グリナ(R)』社員向けワークショップを開催

味の素株式会社 2017年08月09日 09時21分
From Digital PR Platform


味の素株式会社(社長:西井孝明 本社:東京都中央区)は、一人ひとりの“働きがい”を向上させるため「働き方改革」を加速させる中、これまで進めてきているハード面での取り組み(どこでもオフィス、所定労働時間短縮、等)に加え、社員の働き方の”質“をサポートするソフト面での新たな取り組みとして『睡眠改善プログラム with グリナ(R)』を、2017年8月7日(月)より導入を開始しました。本プログラムの監修もお願いした大川匡子先生を招き、社員を対象にワークショップを開催。普段意識していない行動も睡眠の質の低下に繋がることや、ライフスタイル別での“睡眠の質”を改善するポイントに、参加者は真剣に聞き入りました。

ワークショップには約120名の社員が参加し、「ここ1~2年、睡眠時間の確保が難しかったり、寝る前に悩み事を考えて寝付けないこともあった。本ワークショップで学んだ就寝前にスマホは見ないなど、すぐできることはどんどん実践していきたい(36歳男性)」「睡眠を改善して働き方を変えていく今回の取り組みは、社員としても非常に良い取り組みだと思う。私は小さな子どもが3人いて夜泣きや家事で睡眠が取れないことも多いので、ライフスタイル別睡眠改善方法で学んだように、分断睡眠を避けたり、グリナ(R)を活用したりして、限られた時間の中でも質の良い睡眠が取れるようにしていきたい(34歳女性)」「家が遠く、睡眠時間が長く取れないので、学んだことを積極的に取り組んでいきたい(59歳男性)」などと、本プログラムの参加への目的や意欲を語りました。

<勉強会開催レポート>
■なぜ睡眠を重視すべきなのか
<大川匡子 博士(医学)>
十分な睡眠が取れると、日中の眠気が改善され、仕事のパフォーマンスが向上し、日中活動的に過ごせることで夜にはまたぐっすりと眠れるという好循環が生まれます。睡眠はもちろん時間も大切ですが、特に忙しく働くビジネスパーソンにおいては、睡眠の“質”が非常に重要となります。質の良い睡眠を取るためには、「深さ」と「睡眠リズム」を意識することが大切です。

■まずは自分の睡眠状態について知ることが重要です
<大川匡子 博士(医学)>
睡眠の質を良くするためには、まずは自分の睡眠状態を知ることが重要です。「ビジネスマン5大NG生活習慣」「週末にしっかり休んでも、月曜日は朝から気が乗らない」「人とのコミュニケーションが上手くいかない」「このごろ物忘れが多い」などの15項目のうち、5項目以上当てはまった人は、質の良い睡眠がとれていない可能性があります。

■睡眠の質を向上させる3つのポイントは光と体温とグリナ(R)
<大川匡子 博士(医学)>
働く人の、“睡眠の質”を改善させるポイントは、(1)「光パンチ」の活用、(2)「体温」のコントロール、(3)「グリナ」の摂取の3つです。体が光に敏感な時間帯を知り、「光パンチ」を上手く活用すること。日中に体温を上げ、就寝時に下げることで、スムーズに深睡眠に入ることができ、良い睡眠リズムが生まれます。そして、ぐっすり深く眠れ、翌朝スッキリと起きられる、日中の眠気の改善、疲労感の軽減、日中の作業効率の向上などの機能がある睡眠サポートサプリメント「グリナ(R)」を就寝前に飲むことで、“質の良い睡眠”をサポートしてくれます。

■ライフスタイル別に、それぞれに合った睡眠改善法を実践しましょう
<大川匡子 博士(医学)>
例えば、家事、育児で十分な睡眠がとれない人は、「分断睡眠(細切れの睡眠)」を避ける、という方法があります。子どもを寝かしつけるときに一緒に寝てしまい、その後一回起きて家事をするという人も多いですが、分断睡眠は深い眠りがとれずに、睡眠の質を悪化させますので、できるだけまとめて寝て、早起きして家事をするほうが質の良い睡眠が取れます。
その他、週末の朝寝坊によるソーシャルジェットラグ(社会的時差ボケ)状態の人は、週末をインドで過ごし、月曜の朝に東京へ出社するのと同じくらい時差ボケを抱えます。週末は、平日+2時間以内に朝寝坊を抑え、朝の「光パンチ」を活用してリズムを整えることが重要です。

■味の素(株) 常務執行役員 藤江太郎からのコメント
味の素(株)では、経営が主導するマネジメント改革と、メンバーひとりひとりが主体的に取り組むワークスタイル改革、そしてそれらを連動させた味の素(株)流「働き方改革」を進めてまいりました。そんな中で、味の素(株)らしさとも言える、食べること、運動すること、そして質の良い睡眠を取ること。これが働き方改革にとって非常に重要ではないかと考え、今回のプログラムを開始することとなりました。本日より開始する「睡眠改善プログラム with グリナ(R)」は、睡眠に注目した取り組みとして、非常に重要な柱の一つになるに違いないと考えております。皆さんが睡眠についてより理解しながら、それをどう働きがいのある働き方改革につなげるか、また、ひとりひとりの豊かな人生につなげるか。今回開始したプログラムが、日本の中でも先進的な取り組みとして大きなムーブメントになることを確信しております。

■味の素(株) アミノサイエンス事業本部 ダイレクトマーケティング部長 安部智晴からのコメント
睡眠は、栄養、運動と並び、健康にとって重要な要素です。当社は「グリナ(R)」の販売や大川先生など専門家の先生方々の監修を得ながら、睡眠に関する様々な情報をお客様に提供することで、ノウハウを蓄積してまいりました。働き方改革では総実労働時間1800時間の達成を目指し、様々な取り組みを展開しています。今回、「働き方改革」事務局とコラボレーションし、これまで培った睡眠の質向上のノウハウを働き方改革に繋げるべく「睡眠改善プログラム with グリナ(R)」を企画しました。「グリナ(R)」は「すみやかに深睡眠をもたらし、ぐっすりとした眠りとさわやかな目覚めをサポート」する睡眠サポートサプリメントです。本プログラムにご参加の社員の方々には大川先生のご講演と「グリナ(R)」で“睡眠の質”を向上させ、“眠り方改革”によるQOLの向上、生産性の向上に繋げてもらいたいと考えています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。