logo

小学館が運営する月間120万UUの人気Webまんがサービス「サンデーうぇぶり」が「PUBLUS」をベースにリニューアル

ACCESS 2017年08月08日 12時02分
From PR TIMES

―「レベルアップ機能」など新たなまんがの楽しみ方を共同で企画―

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役:兼子 孝夫、以下ACCESS)は、株式会社小学館(本社:東京都千代田区、以下小学館)が運営する、月間120万UU(ユニークユーザー)を誇る人気まんがWebサービス「サンデーうぇぶり」のリニューアルに伴い、サービスモデルを共同で企画するとともに、EPUB準拠の電子出版ソリューション「PUBLUS(R)(パブラス)」をベースに開発し、提供しました。



「サンデーうぇぶり」は、独自の連載まんがに加え、小学館が発行する人気漫画3誌「少年サンデー」「ゲッサン」「サンデーGX」で連載中の作品や歴代の名作が無料で読めるWebまんがサービスです。リニューアルした「サンデーうぇぶり」はコイン制を導入。毎日無料でもらえるフリーコインを使ってまんがが読めるほか、読む量に応じてフリーコインの限度が増加する「レベルアップ機能」により、読めば読むほど無料購読できるまんがが増える新たな楽しみ方を提供します。またこのサービスはアプリ版(iOS・Android)とWebブラウザ版(PC向け、スマホ向け)の4プラットフォームどれでも楽しむことができます。

リニューアルした「サンデーうぇぶり」はアプリ化記念として、電子化初の「タッチ」をはじめ、「名探偵コナン」「犬夜叉」といった歴代の超人気作品を毎日一話読むことができます。

この度ACCESSは、まんが作品の電子書籍サービス開発におけるノウハウと実績を結集し、「サンデーうぇぶり」リニューアルを共同で企画するとともに、「PUBLUS」をベースに開発いたしました。コンテンツの管理・登録・サービス運用も代行してまいります。

引き続き、ACCESSは、電子書籍のコンテンツ企画・制作・管理からシステム開発・運用までトータルで支援し、電子書籍市場の拡大を推進してまいります。

「サンデーうぇぶり」の詳細は、小学館の公式情報をご確認ください。
URL:リンク

■ 「サンデーうぇぶり」

[画像1: リンク ]

Shogakukan Inc. All rights reserved.
※上記は、すべてイメージ図です。

「PUBLUS」について
「PUBLUS」は、電子書籍ビューアやコンテンツ配信、売上管理システムなど、端末からサーバシステムまでを包括的にサポートする電子出版プラットフォームです。ビューアは、アプリ版とブラウザ版のハイブリッドで提供しています。小学館をはじめ国内外の大手出版社、電子書籍サービス事業者などに多数採用されています。
リンク
[画像2: リンク ]


■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
リンク
[画像3: リンク ]


※ACCESS、ACCESSロゴ、PUBLUS、PUBLUSロゴは、日本国、米国及びその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事