logo

第67回 武蔵大学 公開講座「地域再生のためのコミュニティメディアの活用」 -- 9月23日・30日・10月14日・21日/14~16時 於:武蔵大学

武蔵大学 2017年08月08日 08時05分
From Digital PR Platform


武蔵大学(東京都練馬区/学長 山嵜哲哉)は、67回目となる公開講座を9月から10月にかけて開催する。テーマはメディアを活用した地域再生の取り組み。同大社会学部教授・松本恭幸がコーディネーターを務め、「東京ビデオフェスティバル(TVF)」や沖縄の「FMよみたん」、岐阜の「てにておラジオ」、そして江古田の街を盛り上げている「江古田ミツバチプロジェクト」「江古田映画祭」の事例を紹介する。


◆第67回 公開講座「地域再生のためのコミュニティメディアの活用」

開催日程: 2017年9月23日(土)・30日(土)・10月14日(土)・21日(土)

コーディネーター: 松本恭幸(武蔵大学社会学部教授)

プログラム
● 9/23(土)「市民映像が伝え続けてきたこと−TVFの変遷から見えたこと−」 
○講師: 佐藤博昭(市民がつくるTVF審査委員、武蔵大学非常勤講師)
● 9/30(土)「100年残るラジオ局を目指して読谷コミュニティーを世界へ発信」
○講師: 仲宗根朝治(株式会社FMよみたん代表取締役社長)
●10/14(土)「市民による放送局『てにておラジオ』が目指すもの −ぎふメディアコスモス−」
○講師: 津田正夫(てにておラジオ代表、元立命館大学教授)
●10/21(土)「江古田でみんなで面白いことを始めよう!」
○講師: 永田浩三(武蔵大学社会学部教授)

講座概要
【開講時間】 14:00~16:00
【場 所】 
 武蔵大学 1号館 1F 1101教室
 ※10/14(土)のみ8号館7階 8702教室での開催となります。
【申込受付期間】 2017年8月4日(金)~9月7日(木)
【募集定員】  先着250名  ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
【申込方法】 
◇「PC専用申込サイト」よりお申し込み リンク
◇「FAX」、「e-mail」、「郵送」でお申込み。次の1~6を明記のうえ、送信(郵送)してください。
 1.第67回公開講座 「地域再生のためのコミュニティメディアの活用」
 2.氏名(フリガナ)
 3.郵便番号、住所
 4.電話番号
 5.FAX番号(ある方)
 6.申込区分(一般、武蔵大学在学生父母、武蔵学園卒業生、武蔵学園後援会会員、武蔵大学在学生、高校生)
【受講料】 <全4回分>
 一般 ¥2,000 / 武蔵大学在学生父母・武蔵学園卒業生 ¥500 / 高校生・在学生・後援会会員 無料

▼本講座内容へのお申し込み・お問い合わせ
 リンク

▽武蔵大学公式Webサイト
 リンク

▼プレスリリースおよび本件の取材に関するお問い合わせ先
 武蔵大学 広報室 担当: 山野(やまの)・齋藤(さいとう)
 〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
 TEL: 03-5984-3813
 FAX: 03-5984-3727
 E‐mail: pubg-r@mml.sec.musashi.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。