logo

業界初、低電力広域通信(LPWA)対応デュアルモード無線通信LSI「ML7404」を開発

ローム株式会社 2017年08月07日 17時00分
From Digital PR Platform


<要旨>
ロームグループのラピスセミコンダクタは、IoT無線通信の新分野として期待される低電力広域通信(LPWA:Low Power Wide Area)に最適な無線通信LSI「ML7404」を開発しました。
ML7404は、業界で初めてLPWAデュアルモード対応を実現した無線通信LSIです。免許不要のSubGHz帯域を用いたLPWAのなかでも、世界30カ国以上で採用が進み、国内でも首都圏を中心に展開され始めた「SIGFOX」の無線方式に対応すると同時に、同一システムの妨害波耐性が高く、より多くの端末をネットワーク傘下に収容できる特長をもつ国際標準規格「IEEE802.15.4k 注1)」無線方式にも対応しました。この業界初デュアルモード対応によって、適用範囲の広いLPWAゲートウェイなど幅広い用途・仕様での活用を可能にしています。
本製品は、2017年7月にサンプル出荷を開始し、2017年12月より量産出荷の予定です。生産拠点は、前工程がラピスセミコンダクタ宮城株式会社(宮城県)、後工程がROHM Integrated Systems (Thailand) Co., Ltd. (タイ) になります。
なお、LPWA無線機器開発を容易にして、さらなるIoT社会に貢献するべく、本製品を搭載した通信モジュールもパートナー会社から発売予定です。また、本製品のIEEE802.15.4k用プロトコルスタックもパートナースタックベンダ会社が、オープンソースとして提供予定です。

<背景>
近年、IoTの無線通信として免許不要のSubGHz帯域を使用するLPWAが注目されています。しかし、国や地域によって通信方式は様々で、IoTネットワークの多様性から主流となる方式は定まっていません。
ラピスセミコンダクタは、これまでSubGHz帯域の特定小電力無線局用の無線通信LSIを業界に先駆けてリリースし、無線通信による世の中のスマート化の実現に貢献してきました。そして今回、早期のIoTネットワークの立上げ、効果的なサービスやアプリケーションの普及に向け、複数方式に対応したLPWA無線通信LSIを開発しました。

<新製品の特長>
1.LPWA無線通信方式として、SIGFOXとIEEE802.15.4kの2方式に対応
ML7404は、欧州を中心にサービス実績があり、今春から首都圏でサービスインしたSIGFOXに対応すると同時に、国際標準規格であるIEEE802.15.4kにも対応したデュアルモードLPWA無線通信LSIです。
(1)今春からサービスインしたSIGFOXに対応
欧州をはじめ世界30カ国以上でサービス実績のあるLPWA無線方式で、国内では今春から首都圏を皮切りにサービスインしたSIGFOXに対応しました。
(2)世界標準のIEEE802.15.4k規格に準拠
IEEEが定めた802.15.4k規格は、直交性を持った拡散符号によるDSSS 注2)が特長で、他の拡散無線通信方式に比べて同一システムの妨害波耐性が高く、より多くの端末をネットワーク傘下に収容できる特長があります。免許不要で汎用的に利用されるSubGHz帯域において、高い信頼性が認められる本規格に準拠しています。

2.SIGFOXで使用のBPSK変調回路を業界初でハード化し、セットの低消費電力化に貢献
SIGFOXでは、従来のSubGHz無線では採用されていないBPSK変調を使用します。これまでSIGFOXに対応した無線通信LSIは、BPSK変調に対応していないため、制御マイコンのソフトウェアでBPSKのシンボルデータを作成する必要があります。この方法では、無線通信を行うたびに、制御マイコンを駆動しなければならず、セットとしては無駄な消費電力が生じます。そこで、ML7404はSIGFOXに対応するにあたり、BPSK変調回路のハード化を行いました。
これにより、制御マイコンは、無線通信動作中に無線通信の物理層に関与する必要がなくなり、通信システムとしての低消費電力化が図れます。

3.開発サポート
 評価キットにサンプルプログラム(簡易MAC)、各種テストシナリオを添付。 モジュールタイプのリファレンス設計情報の提供を準備しています。さらに、ラピスセミコンダクタ ホームページのサポートページへ登録いただく事で様々なマニュアルやツールがダウンロードできるなど、充実したサポート体制を提供いたします。
 また、本製品を搭載した通信モジュールやIEEE802.15.4k用の低消費電力プロトコルスタックをパートナー社から発売、提供の予定をしています。

【販売計画】
-製品名 :ML7404
-サンプル出荷時期 :2017年7月から
-サンプル価格(参考) :1000円(税別)
-量産出荷予定 :2017年12月から
-量産出荷数 :月産10万個
-梱包形態 :テープ&リール 1000個


【応用分野】
  ガス/水道スマートメータ、センサネットワーク、構造物ヘルスモニタリング、スマート農業、防災、その他の長距離無線通信が必要な産業機器全般

【用語説明】
注1): IEEE802.15.4k
世界標準規格のIEEEシリーズの長距離無線規格。直接拡散方式による受信感度向上により、長距離通信を図る。
なお、IEEE802シリーズでは、無線LAN、Bluetooth、ZigBee、Wi-SUN等の物理層も標準化されている。

注2): DSSS(Direct Sequence Spread Spectrum:直接拡散方式)
  スペクトル拡散の方式の一つ。ベースバンド信号を広い帯域に分散して送信する。通信中の妨害波等のノイズは、受信時の逆拡散により、周波数拡散されるため、通信の強靭性に優れる。



<本件に関するお問い合わせ先>
ラピスセミコンダクタ株式会社  ニュースリリース担当
〒222-8575 神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-8
電話:(045)476-9212

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。