logo

物流倉庫プラットフォーム『souco』

株式会社souco 2017年08月07日 15時32分
From PR TIMES

世界最大規模物流不動産プロバイダー『プロロジス』の空きスペース情報の掲載を開始

株式会社souco(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中原久根人、以下 当社)は、世界最大規模物流不動産プロバイダーであるプロロジス(日本本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田御酒)の保有する倉庫の空きスペースの情報を、当社の提供する物流倉庫プラットフォーム『souco』に掲載開始いたします。

報道関係 各位
2017年8月7日
株式会社souco

物流倉庫プラットフォーム『souco』

世界最大規模物流不動産プロバイダー『プロロジス』の

空きスペース情報の掲載を開始

 株式会社souco(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中原久根人、以下 当社)は、世界最大規模物流不動産プロバイダーであるプロロジス(日本本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田御酒)の保有する倉庫の空きスペースの情報を、当社の提供する物流倉庫プラットフォーム『souco』に掲載開始いたします。


■soucoについて
 soucoは、物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約しマッチングを行っていくサービスを行うスタートアップ企業です。
 物流施設を利用する3PL企業(※1)や物流事業者にとって、閑散期における余剰スペースの転貸先確保や、繁忙期に短期で賃借できるスペースの確保が課題の一つとなっております。しかしながら、効率性の高い先進的物流施設は、千坪・年単位で賃貸借されることが多く、余剰スペースの転貸や短期の賃貸借については、3PL企業同士の情報交換に頼らざるを得ないケースが多く、業界の共通課題となっているのが現状です。

そのような状況を解決すべく、soucoでは、物流施設の空きスペースの情報を登録・検索出来、千坪以下の小ロットかつ、1ヶ月といった短期でも利用可能なインターネット上のプラットフォーム『souco』を提供しております。

■プロロジスとの取り組みについて
プロロジスは、4大陸、19カ国マーケットに約3,300棟、計6,400万m2 、総運用資産総額約7兆9,626億円を運用する世界最大規模の物流不動産プロバイダーです。国内でも約360万m2 の物流施設を運営および開発する物流不動産のリーディングカンパニーであり、業界共通プラットフォームづくりを推進すべく、今回、『souco』のサービスローンチに合わせて、空きスペース情報の提供に協力いただくことになりました。

今回の取り組みで、国内の先進物流施設で利用可能なsoucoの空きスペース情報の充実を図るとともに、業界全体の余剰スペースの活用に貢献したいと考えます。

なお、サイト上では8月下旬に一般公開を予定しており、今後は物流不動産各社や3PL各社の空きスペースの登録を加速させ、掲載情報の充実化を図ってまいります。

(※1)3PL企業(サードバーティ ロジスティクス企業):サードバーティ(第三者)が荷主の代わりに、荷主の物流業務を “一括して” 受託する事業を行っている企業のこと)

プロロジスについて (www.prologis.co.jp)
プロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:山田 御酒、世界本社:米カリフォルニア州サンフランシスコ、NYSE:PLD)は、物流不動産のリーディング・グローバル企業として世界19カ国で事業を展開しています。2017年6月末時点で、計6,400万m2 の物流施設を所有・運営・開発し、3PL、物流、小売、eコマースなど、約5,200社のカスタマーに最新鋭の物流施設を提供しています。
日本国内ではこれまでに87棟、総延床面積約586万m2 の物流施設を新規開発し(開発中を含む)、現在48棟、総延床面積として約374万m2 の物流施設を運営および開発中です。また、約63万m2 の物流施設の開発用地を所有しています。今後もお客様へのよりよいサービスと、環境に配慮したサステイナブルな、物流の効率化に貢献するための最新の物流施設を世界各地で展開していきます。


本件リリースに関するお問い合わせ先
株式会社souco 代表取締役 中原久根人
E-mail: info@souco.space

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事