logo

【保育士の働き方改革へ】保育業務支援システムHoisys(ホイシス)が、ソフトバンクグループが提供するhugnote(ハグノート)とシステム連携!

保育ICT株式会社 2017年08月07日 14時00分
From PR TIMES

保育士不足や待機児童問題の解決に向けて、連携システムで保育園・幼稚園の業務をITで完全サポート

保育ICT株式会社(本社:東京都渋谷区、以下保育ICT)と、ソフトバンクグループの株式会社hugmo(ハグモー)(本社:東京都港区、代表取締役社長:湯浅 重数)は、保育ICTの提供する保育園・幼稚園支援ICTシステムの「Hoisys(ホイシス)」と、株式会社hugmoの提供する保育クラウド連絡帳アプリ「hugnote(ハグノート)」が連携したシステムをリリースいたしました。



■システム連携の概要
このたびのシステム連携では、保育園・幼稚園の園内の業務を支援するICTシステムであるHoisys(ホイシス)と、保育園・幼稚園と保護者をつなぐhugnote(ハグノート)がシステム連携を行い、一つのシステムのようにスムーズに利用いただけるようになります。
[画像1: リンク ]



園内業務の効率化に特化したHoisys(ホイシス)と、園・保育士と保護者のコミュニケーションに特化したhugnote(ハグノート)が連携することで、園内・園外の業務をシームレスに補完することが可能になります。
その結果、保育士業務全体のICT化が実現され、よりいっそう保育士の業務負担が軽減されることで保育士の働き方改革につながり、ひいては保育士不足や待機児童問題の解決に寄与できると考えています。
また、保育士は本来の保育業務により多くの時間を割くことができるようになり、質の高い保育が実現されていくと考えています。

保育園・幼稚園のICT化への期待が高まりつつあるが、一方で「まだまだ実際に役立っていない」、という調査もあるなかで、本当に保育の現場の役に立つシステムとなっています。
なおこの連携システムは、東京都による保育所におけるICT化推進補助金、文部科学省による幼稚園向け園務改善のためのICT化支援補助金にも対応しております。

■セミナー日程のお知らせ
システム連携に伴い、「Hoisys(ホイシス)」と「hugmo(ハグモー)」の合同無料説明会を開催します。
2017年8月17日(木) 14:00~16:00(大阪会場:ソフトバンク株式会社)
2017年8月22日(火) 14:00~16:00(東京会場:ソフトバンク株式会社)
説明会では、実際にシステムを操作・ご覧いただきながら、詳しくご説明いたします。
お申し込みはこちらから可能です。
リンク


■Hoisys(ホイシス)ついて
[画像2: リンク ]

保育ICTは、ITにより保育園や幼稚園の業務を支援することを目指して、保育園・幼稚園での園務支援システム 「Hoisys(ホイシス)」(リンク)を2016年10月より提供しています。
金額は月額5,000円(1園あたり、税別)。
ホイシスは、登降園管理、保育計画・保育日誌の作成、午睡チェック、延長料金計算などの保育園・幼稚園内での業務を便利にする機能を、パソコンやタブレット端末上で簡単に操作できるwebサービスで、同業他社の中でも際立った成長を遂げております。

ホイシスご紹介ページ(リンク
[画像3: リンク ]


■株式会社hugmoについて
[画像4: リンク ]

ソフトバンクグループの株式会社hugmoが提供するメインサービス「hugnote(ハグノート)」は、保育園・幼稚園の保育士・先生と、保護者をつなぐ連絡帳サービスです。
保育士・先生は、園児の活動内容やお知らせなどを写真付きでセキュアに保護者に連絡することができ、保護者は、臨場感あふれるこどもたちの活動風景や重要な連絡をスマートフォン上でいつでも簡単に閲覧することができる点が最大の特徴です。
詳細はこちら(リンク)をご覧ください。


■保育ICT株式会社について
━━ 会社概要 ━━
【社 名】 :保育ICT株式会社
【所在地】 :東京都渋谷区恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
【URL】  :リンク
【事業内容】:保育園・幼稚園向け業務支援システムの開発・販売
【本リリースへの問い合わせ先】:E-mail : info@hoiku-ict.com Tel : 0120-401-941 (担当:平野)


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事