logo

MAMORIO、テレビ朝日と連携しテレビ朝日本社でIoTを活用した「お忘れ物自動通知サービス」を提供

MAMORIO株式会社 2017年08月07日 14時00分
From PR TIMES

~顧客サービス向上、来場者のお忘れ物を早期返還~

MAMORIO株式会社(以下:MAMORIO社)は、株式会社テレビ朝日(以下、テレビ朝日)と連携し、MAMORIO Spotを活用した「お忘れ物自動通知サービス」を提供致します。
 本サービスはテレビ朝日・六本木ヒルズ全域を舞台とした大型イベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION」開催期間中(2017年8月27日まで)から提供開始し、期間終了後もテレビ朝日本社に来場するMAMORIOユーザー向けのサービスとして継続的にご提供致します。
 本サービスは、昨年開催された同イベントにてテレビ朝日協力の下、本サービスのβテストを実施いたしました。当テスト結果を踏まえ今回の正式提供をさせて頂く運びとなりました。




■お忘れ物自動通知サービスについて
本サービスの内容は、MAMORIOを付けた所持品を紛失した際、MAMORIO社が提供する「クラウドトラッキング機能」によって、MAMORIOを付けたお忘れ物がMAMORIO Spotに到着した際に、持ち主に預かり場所のスポット名を自動で通知するものです。
具体的には、MAMORIOから発信されている信号を、テレビ朝日本社1Fアトリウム受付に設置する本サービスの専用アンテナが受信することで、MAMORIO社のサーバーを経由して持ち主に紛失物の位置情報を通知することができます。
MAMORIOをご利用頂いているユーザーのお忘れ物がテレビ朝日本社にて回収されたことが早期にわかることによって、お忘れ物を探し回る手間を軽減します。
※利用に際し、紛失時にご自身でクラウドトラッキング機能をONにしている必要がございます。


【MAMORIO Spot開設場所】
テレビ朝日本社1Fアトリウム受付

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



2014年に幕開けした「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭りSUMMER STATION」は、初年度445万人、2年目463万人、3年目544万人と、毎年多くのお客様が訪れる“六本木の夏の風物詩”ともいえる大型イベントです。
この度、MAMORIO社が提供するお忘れ物自動通知サービスをテレビ朝日本社にて提供させて頂きますので、MAMORIOユーザーにおかれましては、本サービスをご利用頂くことにより早期にお忘れ物が何処に届けられているのかを把握することが可能となります。
MAMORIO社は2020年東京五輪までに遺失物早期返還プラットフォームを構築することを目指し、クラウドトラッキングユーザー数の増加を進めていくと共にMAMORIO Spotの開設を進めることで紛失におけるリスクを軽減する早期返還プラットフォームを広げて参ります。


「MAMORIO」の詳細は以下の通りです。

■MAMORIOについて
 MAMORIOは、Bluetooth Low Energyを活用したタグを付けるだけで、万が一の紛失時にはスマートフォンを使い、置き忘れ防止アラートと紛失場所の地図表示、ユーザーの相互捜索によるクラウドトラッキングで無くしたものを見つけることができる世界最小クラスの紛失防止IoTデバイスです。
 クラウドトラッキング機能(特許取得済)は、MAMORIOのアプリを入れているユーザー同士で協力して紛失物を探す機能です。クラウドトラッキング機能をオンにすると、他のユーザーが紛失したMAMORIOとすれ違った際にその場所を知らせ、紛失物を迅速に見つけることができます。

■MAMORIO製品仕様
 通信方法 Bluetooth4.0(BluetoothLowEnergy)
 サイズ 縦35.5mm×横19mm×厚さ3.4mm
 有効距離 約30m
 電池タイプ リチウム電池
 電池寿命 最大1年間(ご利用状況によって変化する可能性がございます。)
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



【MAMORIO株式会社について】
会社名 MAMORIO株式会社
代表者代表取締役 増木大己
設立 2012年7月
本社所在地 〒101-0021東京都千代田区外神田3-3-5ヨシヰビル5F
事業内容ポータルサイト「落し物ドットコム」の運営、落し物防止タグ「MAMORIO」の開発
コーポレートサイトURL リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。