logo

プロテカ、日本初のIoT を導入した国産スマートラゲージ 2017 年9 月15 日(金)発売開始。

エース株式会社 2017年08月07日 13時00分
From PR TIMES

8月7日(月)よりWEBでの予約販売受付開始

 エース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森下宏明、以下エース) は、日本製トラベルバッグブランド「プロテカ」より、IoT を導入し格段に使い勝手の良い日本初の次世代型国産スマートラゲージ『マックスパス スマート』を2017 年9 月15 日( 金) に発売します。更に9 月15 日からの一般発売に先がけ、事前の先行販売も決定。8 月7 日(月) からソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮内謙、以下ソフトバンク)が運営する「DoT.」サイト内で予約販売の受付のほか、9 月1 日( 金) からプロテカ日比谷店とエースオンラインストアでの先行販売も決定しました。



[画像1: リンク ]


 近年のデジタル化の流れにおいて、旅行時もモバイル機器は必需品となり、その重要度やラゲージとの相互
リンクを求める声は増す一方です。そこでエースはソフトバンクが2016 年3 月30 日より提供開始した、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style」と、デザインオフィス「nendo(ネンド)」と共同で取り組む、デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム「DoT.(Design of Things)」を活用。本製品は出張などでラゲージと共に移動する頻度が高い方をターゲットに、実際に利便性の高い機能を搭載した日本初の国産スマートラゲージを開発しました。
 ベースとなるラゲージのプロテカ『マックスパス』シリーズは、2011年9月の販売開始より、シリーズ累計6 万5000 本以上販売するプロテカでも高い人気を誇る、機内持込最大容量モデルです。その人気のラゲージに、スマートフォンの充電切れにも対応できるバッテリーチャージ機能の搭載、充電時もケーブルが不要なコードリールの内蔵やスマートフォンと連携してラゲージとスマートフォンを相互に追跡できる、トラッキング機能をもたせました。
 日本製としては初となるIoT を導入した「プロテカ」のスマートラゲージは、現代社会における快適な移動を
保証すると共に、更なるスマートな旅を提案します。

【予約販売受付】2017 年8 月7 日(月)~ ソフトバンク「Dot.」サイト内
リンク
【 先 行 発 売 】 2017 年9 月1 日(金)~ プロテカ日比谷店、エースオンラインストア
【 一 般 発 売 】 2017 年9 月15 日(金)~ 全国の有名百貨店、専門店、エース直営店舗

■マックスパス スマート主な特長
1.モバイルバッテリー搭載
2.Bluetoothを利用したセパレ―ションアラート機能
3.機内持込適応サイズ、大容量モデル
4.利便性の高いフロントオープンポケット
5.静かで滑らかな新開発サイレントキャスター搭載
6.プロテカ プレミアムケア(3年間の無償製品保証)

■マックスパス スマート主な特長の詳細
1.モバイルバッテリー搭載
スマートフォンなら約2回分のフル充電可能な5000mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載。空港の充電コーナーの電源がどこも使われていて、充電したい時に必ずしも電源を確保できるとは限りません。そんな不安を解消します。

<スマホなら約2回フル充電が可能>
[画像2: リンク ]

フロントオープンポケット内の専用ポケットにリチウムイオンバッテリーを搭載し、いざという時の充電切れを防ぎます。バッテリーは取り外しができる構造なので、空港での手荷物検査時の準備もスムーズです。またフリーの出力ケーブル(USBポート)も1本ついており、利便性の高い設計です。
※IATA(国際航空運輸協会)が定める機内持込規定にのっとり、スーツケースを預け入れる場合は必ずバッテリーを取り外し、手荷物検査を通したうえで機内への持込をして下さい。

<コードリール内蔵>
[画像3: リンク ]

別途充電ケーブルを用意せずとも充電可能な、最長約100cmまで伸びるコードリールを内蔵しています。充電中はLED表示灯が点灯されます。防水キャップでカバーされているので、雨の日も安心な仕様構造です。
※出力ケーブルはmicroUSBにつき、お使いの端末によってはLightning変換アダプターをご用意のうえ使用してください。

【使用イメージ】
[画像4: リンク ]

空港や駅で、いつでもどこでも充電可能。最長約100cm のコードリールを搭載しているので、スマートフォンを操作しながらの充電も可能。またスマートフォンを立て掛けられるスタンド機能も搭載。待ち時間にデバイスを活用し、思う存分旅を楽しめます。

[画像5: リンク ]

滞在先のホテルで、本体のリチウムイオンバッテリーはコンセントから直接の充電が可能。翌日分のバッテリーを就寝中に容易に蓄電できます。(※ケーブルは付属しておりませんのでご用意ください。)


2.Bluetooth を利用したセパレーションアラート機能の<TrackR>搭載
ラゲージとスマートフォンが連動し、不意に起こる置き忘れや紛失を未然に防ぐことができる、クラウドGPSトラッカ―の『 TrackR 』を搭載。Bluetoothでペアリングさせることにより、ラゲージとスマートフォンが連動。それにより不意に起こる置き忘れや紛失を未然に防ぐことができます。

【TrackR機能詳細】
(1)セパレ―ションアラート機能
セパレ―ションアラート機能により、Bluetooth を利用したうえで、ラゲージとスマートフォンが一定の距離より離れると、双方からアラートが鳴るので、不意に起こる紛失や置き忘れを未然に防ぎます。
(2)Crowd Locateで検索
Bluetooth 通信範囲外に置き忘れた場合でも、Crowd Locate を利用し、何万人にも及ぶ他のTrackR ユーザーを通して、無くしたラゲージの最新のロケーションを確認することができます。
(3)アイテムリンガー
スマートフォンから簡単にスーツケースのアラートを鳴らすことができるので、瞬時に居場所が分ります。

【使用イメージ】
[画像6: リンク ]

Bluetooth を利用したうえで、ラゲージとスマートフォンが一定の距離より離れると、双方からアラートが鳴るので、不意に起こる紛失や置き忘れを未然に防ぎます。


3.機内持込適応サイズ、大容量モデル
[画像7: リンク ]

スムーズな移動が求められる出張や、国内・海外問わず短期の旅行で使いやすい大容量モデルです。100席以上の機内持込適応サイズでコンパクトにもかかわらず、39リットルの大容量を確保しています。




4.取り出しやすいフロントオープンポケット
[画像8: リンク ]


移動中や手荷物検査時にすぐに出し入れができる利便性の高いフロントオープンポケットを搭載。モバイルバッテリーを収納する専用スペースに加え、13インチのPC収納対応ポケットも備えた収納オーガナイザー機能を備えています。


5.静かで滑らかな新開発サイレントキャスター搭載
[画像9: リンク ]

サイレントキャスターのホイール部に、摩擦抵抗を極限まで抑えた高耐久性クロム鋼ベアリングを搭載。従来より軽い力で進み、すべるように滑らかな走行を実現しました。静音性も従来品より向上。プロテカ史上最も静かで滑らかなキャスターです。




6.プロテカ プレミアムケア(3 年間の無償製品保証) ※ラゲージ本体の修理のみに適用
[画像10: リンク ]


素材から組立まで一貫して国内で製造する世界で唯一の日本製スーツケース「プロテカ」は、厳しいテストに裏付けされた安心と信頼のメイドインジャパン製品です。末永くご愛用頂けるよう、3年間の製品保証を備えています。航空会社の破損も保証の対象内とするのは、ラゲージ業界初の保証内容です。

■スペック詳細
・ブランド名:プロテカ
・シリーズ名:マックスパス スマート
・サイズ(外寸):1サイズ展開(H51×W39×D25cm) *100席以上の機内持込適応サイズ
・容量:39L
・重量:3.5kg
・カラー:3色展開(ブラック/シルバー/ホワイト)
・価格:66,000円(税別)
・商品ウェブサイト: リンク

■機能紹介ムービー
[動画: リンク ]


■プロテカについて ( リンク
[画像11: リンク ]

2005年にデビューしたエース株式会社の代表的なトラベルバッグブランド。「Protect(守る)」「Technology(技術)」「ACE(エースの理念)」の造語。プロテカのスーツケースは全て北海道・赤平工場の徹底した品質管理下のもとで製造されており、素材から組み立てまで一貫して国内で製造している世界で唯一の日本製スーツケースです。

■+Styleについて ( リンク
ソフトバンクが2016年3月30日より提供開始したアイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォームです。「プランニング」「クラウドファンディング」「ショッピング」の機能を持ち、企業は消費者の声を取り入れながら商品の企画から販売までを行うことが可能になり、ユーザーは他では手に入らない商品を購入できます。


■DoT.について( リンク
「DoT.(Design of Things)」は「+Style」とデザインオフィス「nendo(ネンド)」が共同で取り組む、デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォームです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。