logo

2018年、国際高専始動 外国人教員によるエンジニアリングデザイン教育やSTEM教育を英語で体験

学校法人金沢工業大学 金沢工業高等専門学校 2017年08月07日 13時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017年8月7日

学校法人金沢工業大学 金沢工業高等専門学校

外国人教員によるエンジニアリングデザイン教育やSTEM教育を英語で体験
国際高専 第1回 オープンキャンパス開催

金沢工業高等専門学校(石川県金沢市久安2-270 TEL 076-248-1080 校長:ルイス・バークスデール)では、中学生と保護者を対象に、8月19日(土)9時30分から15時30分まで、国際高専の第1回目のオープンキャンパスを開催いたします。

予測困難な時代であっても常にイノベーションを創出していける人材を育てるために2018年から金沢高専はカリキュラムを刷新して、国際高専に生まれ変わります。「理工系リベラルアーツ教育」を開始し、カリキュラムの主柱としてデザインシンキング を取り入れた「エンジニアリングデザイン教育 」を行います。

1・2年次は2018年2月完成予定の白山麓キャンパスでの全寮制、3年次は全員がニュージーランドへ留学、4・5年次は併設する金沢工業大学で大学生と共に専門分野の学修・研究活動を行い、高度な環境で、最先端のイノベーションプロジェクトに取り組みます。卒業後は、金沢工業大学3年次に編入し大学院まで修了可能です。

他にも、従来型の教育では別々にとらえていた数学、物理、科学といった理系科目を総合的に学ぶことで、理工学的思考を身につける新しい教育の方法「STEM教育」を英語で実践します。アメリカ オバマ政権時に教育の優先課題として取り上げられScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字をとったものです。

それら国際高専の教育を外国人教員と体験できるプログラム、国際高専の新しい学びの説明、2018年2月完成予定の国際高専1、2年生(全寮制)が学ぶ白山麓キャンパス見学などのプログラムがあります。

詳細は、下記をご覧ください。
リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事