logo

マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!ついに対決商品の全貌が明らかに!両軍の朝マックなど応援メニューも同時に登場!

日本マクドナルド株式会社 2017年08月07日 10時04分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、8月9日(水)より「マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!」と銘打ち、公式史上初となるマクドナルドの“愛称”をバーガーのおいしさによって対決するキャンペーンを開催いたします。対決商品として、マック軍の「東京ローストビーフバーガー」とマクド軍の「大阪ビーフカツバーガー」を、さらに両軍それぞれの朝マックなど応援メニューも同時に全国のマクドナルド店舗にて期間限定販売いたします。

地域によって「マック」「マクド」とマクドナルドの異なる“愛称”をかけて行うおいしさ対決のバーガーは、東京・大阪それぞれがもつイメージをおいしいバーガーに仕上げました。都会的・トレンドをイメージした「東京ローストビーフバーガー」は肉の旨みをしっかり感じるローストビーフと100%ビーフをバゲット風バンズでサンドしました。親しみやすく際立つ個性をイメージした「大阪ビーフカツバーガー」はサクサク衣の柔らかいビーフカツと旨みがギュっと詰まった特製ソースが食欲をそそる一品となっております。
さらに、この対決を盛り上げるため、応援メニューとして両軍それぞれの朝マックメニュー、チキンマックナゲットソースやドリンクと、多彩な商品をご用意しております。

この対決の勝敗は、8月20日(日)23時59分までの期間に、マック軍・マクド軍対決バーガーや各応援メニューの商品名が書かれたツイートの数で決まります。勝利した暁には、8月22日(火)より勝利軍のバーガーのお得な“優勝セール!クーポン”をマクドナルド公式アプリとTwitterより配信いたします。
さらに、このおいしさ対決と両軍の商品を告知する新CMやWebムービーなどでも、マック軍は平愛梨さん、マクド軍は今田耕司さんがセコンド(サポーター)となって盛り上げ、おいしさのバトルを繰り広げます。あわせてお楽しみください。

マクドナルドではこれからも、「お客様と心でつながるモダン・バーガー・レストラン」をビジョンに、常においしさの向上をめざし、より豊かなお食事の時間を過ごしていただける商品のご提供に努めてまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。